「トレーシングペーパー」を使った即席マジック

トレーシングペーパーと言う用紙をご存知ですか? 工学系出身で50才以上の方なら使ったことがお有りだと思いますが、若い方はご存知ないかも知れません。企業での設計図面のコピーが透視式からゼロックス等の普通紙複写式に代わったのは30年以上も前になるでしょうか。それ以降製図用紙として使用されていたトレーシングペーパーは、一部の用途を除き急速に見られなくなりました。

そんな運命を辿ったトレーシングペーパーですが・・先日所属するマジッククラブ(TAMC)の東京文化会館での集まりで、レクチャー担当のMさんが、桜の花びらを模した紙片を手のひらに乗せました。すると~その“花びら”が、不思議にも周りから内側に徐々に蕾んできたのです。当初手のひらの熱によるのかと考えましたが、“種”はトレーシングペーパーの湿度の影響なのだと教えらえました。

素材の性質を利用した即席マジックとして、とても面白いと思いましたので、ご紹介すると共に、桜の花びら以外にも色々応用出来るのではないかと思います。これは蛇足ですが、私・いしけんは自宅二階の仕事場と称する部屋に、これも今時珍しいミニドラフターを昨年から置いています。そして方眼のトレーシングペーパーを日常用いていることを、遅れ馳せながら~記事を書きつつ思い至ったのでした。

ネットでトレーシングペーパー販売会社の≪使用上の注意事項≫を見つけました。
「この用紙はナチュラルトレーシングペーパーのため、空気中の湿気を吸収し易い性質を持っています 。そのため出力機に設置したまま放置致しますと、湿気を吸収して波打ち状の皺が発生し使用出来なくなる場合があります。」

c0049409_910838.jpgc0049409_95262.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-07-01 09:20 | マジック グッズ | Comments(3)
Commented by 関澤 at 2013-07-02 14:03 x
トレーシングペーパーの桜の花びら素敵ですね。その物が持つ特性や自然の不思議がマジックのように感じる時があります。
本日「八十日間世界一周」を買いました。読むのが楽しみです。
Commented by ishiken55 at 2013-07-02 21:15
関澤さん、湖の氷が思いがけない姿で割れたりする現象は、(理論的に解明されてはいても)自然界の一級のマジックだと思いますし、小品の持つ自然現象を応用したマジックは殊更好きで惹かれてしまいます。
「八十日間世界一周」の本を買われたとのこと~読後のご感想などをお聴きできるときがあれば・・と思っております。
Commented at 2013-07-09 13:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ロバート・サブダのしかけ絵本「... 「八十日間世界一周」のトランプゲーム >>