ロバート・サブダのしかけ絵本「不思議の国のアリス」

「不思議の国のアリス」の原作者は英国人のルイス・キャロルだそうですが、この児童小説(1865年刊)を“しかけ絵本”にしたのがロバート・サブダです。もう7、8年前になるでしょうか・・地元の書店でサブタの『とびだすしかけ絵本・不思議の国のアリス』を見かけました。アリスのストーリーを知らない自分ですが、最後のページを開くとトランプの札が立体状に立ち上り、その見事な出来栄えに圧倒された記憶が残っています。

先月のTAMCの例会で、阿部氏が不思議本蒐集の解説の中でこのサブダの絵本を紹介されました。「カード当てマジック」で客の選んだカードを出現させるのに使えるなぁ~と思い、ネットで調べたら4千円ほどで販売されているのを確認してはみたものの、具体的な利用方法が頭に浮かばず・・行動計画はここ迄でストップ。最近、記憶力と想像力が頓に衰えているのを感じています。そんな折に「介護保険の被保険者証」が市から送られて来ました。タイミングが良すぎます。

≪追伸≫ (2013.07.22)
サブダの「不思議の国のアリス」の最終ページが、“手作りキット”として1,365 円(税込)で大日本絵画から発行されていることを知り、アマゾンで注文したら翌日に現品が到着。これで使い方のイメージが即膨らむと思いきや、完成させるには相当の工作が必要なようで、何時仕上がるかは、稀勢の里の横綱昇進と同じように・・見通しが立ちません。


c0049409_10472053.jpgc0049409_928159.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-07-17 10:49 | マジック エッセイ | Comments(2)
Commented by 菊池 孝人 at 2013-07-26 04:42 x
>「介護保険の被保険者証」が市から送られて来ました。
わはは、でおはようございます。そうなんですよ、頼みもせんのに送ってくるのです。私も(大分前ですが・・・・汗)これが来たときは、本当にガックリきました。しかし、これさえあれば大威張りで「介護を受ける権利と義務(?義務はちょっと違うかも・・・・)」を行使できるわけで・・・・。ところで黄門様は、こんな制度は知らんでしょうね(文章がメチャクチャになりすみません)。
Commented by ishiken55 at 2013-07-27 15:39
菊池様、今隣国におりまして、今朝は29年振りに大形の耳掻き棒で芝刈りをして来ました。介護保険の被保険者には炎天下での棒振りは過酷です。精々マジックウォンドを回す位が身分相応と悟ったところです。来週登城し黄門様にお目通りしますので、ご不審の点はそれとなく~。
<< 自分自身のマジック映像から 「トレーシングペーパー」を使っ... >>