「素ボール レクチャー」・・・≪その2≫

「素ボール レクチャー」・・・≪その1≫を記載してから3年近い月日が経ってしまいました。当初は5回ほどのシリーズで書く予定でしたが、一身上の都合により継続が出来ず仕舞。期待された方(いないかも知れませんが?)には、大変申し訳なく思っております。遅れ馳せながらも今回≪その2≫を掲載いたします。
<現象>
右手の親指と人差指と中指で挟んだ2個のボールを、体の右腰に打ち付けると、ボールが1つになり、体を貫通して、左腰の所からボールが1つ現れる。
(「四つ玉」ではポピュラーな表現ですが、S玉なしで行うところがファンシー)
<準備>
右手の親指・人差指・中指間にボール2個を挟み、左手にボール1個をパーム。
<動作>
① 右手の表をさりげなく客に示し、掌を返して右腰に軽く当てる。[写真 左・中]

② 右手を腰に打ち付ける動作する。この時、親指と人差指間のボールをパームし、人差指と中指間のボールは親指と人差指間に移動させる。こうすることによって、2個のボールが1個に減じたように見える。動作のコツは、右手を打ち付ける前に右手を腰から一瞬離し、その反動を利用してパームを行うとクイックでパームを完了できる。

③ 左腰に当てていた左手から、パームをしていたボールを親指と人差指間に素早く移し、ボールを出現させる。[写真 右]

c0049409_1957590.jpgc0049409_20273762.jpgc0049409_2021254.jpgc0049409_20342132.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-09-03 20:35 | ボールレクチャー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/20694383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ネタ」 と 「タネ」(藤沢周... 「Crossroad~Tran... >>