『第69回TAMCマジック発表会』出演の覚書

10月26日(日)は東京アマチュア・マジシャンズ・クラブの『第69回TAMCマジック発表会』が虎ノ門のニッショーホールで開催されました。会員の一人でもある私、第二部の中盤で「マイショール・マイシュール・マイボール」の題名で約5分のボールの奇術を披露。所謂「4つ玉」ですが、タネの玉は使わず、丸い玉の数は「白5個+赤2個」で合計7個。テーブルや捨て箱の小道具も一切使用しない構成の手順で臨みました。

c0049409_11251577.jpg実演技の自己採点としては80点。動きにキレが無かったのと、表情が強ばっているのが自分でも分かりました。(年に一度のステージなので止むを得ないでしょう。)今回の演技で苦心したのは演じる時の服装です。ボールが引き立つように~黒の上下に黒い靴、黒の帽子を被り、グレーのシャツに黒の蝶ネクタイ。仕込んだボールがスムーズに取れるように~ジャケットの釦は止めず、代わりに太い黒の輪ゴムを釦に架けました。

アマチュアは、人前で年に百回近く演じるプロの演技を追っても追い抜ける訳はなく、アマチュアしか出来ない表現を追い求めるべきと日頃思っている自分でありまして、今回の手順に取り入れた二つの新技については、何れ記事にしようと考えています。さて、自分のことばかり書いていてはこの“おうち”お立ち寄り頂いた方々にご不満が残るやも知れません。全体の演目で、個人的に印象に残った出し物について記しておきましょう。

第一部からは・・八名のメンバーが演じた「笑てんマジック」
落語マジックでお馴染みの土屋理義氏脚本による新しい試み。題名から推測のようにTV番組『笑点』をマジック風に構成。時間が若干長いと感じましたが、居並ぶ派手なメンバーの手品を絡めた会話と動作は観客を笑いの世界に引込み、継続を期待させる演目でした。
第二部からは・・升田晋造さんが演じた変面「東方魔鬼」
一人で演じる大トリはどうなのだろう~と思っていましたが、中国舞曲に乗って広い舞台をスピーディーに動き回る変面は迫力があり、観客を魅了しておりました。

その他、恒例の~「トリオ de マジックⅥ」は新メンバーで気合が入っていましたし、白鳥勝彦氏によるイリュージョン「夢の中から・パートⅥ」はプロ仕様の出来栄え。また私の前の演者・森田晃氏のリラックスしたシルク演技は題名の「朝日のごとく さわやかに」でありました。
c0049409_9554262.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2014-10-30 11:27 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/22925891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 母校奇術部(KMC)文化祭公演... トランプの重さを計ル >>