「阿部徳蔵」の姿を探す旅へ

今日は関東も朝から雪がチラついています。昨日は地元の税務所を訪れ確定申告をして来ました。そんな訳で今日は天候も相まって、深閑とした部屋でぼうっとして過ごしております。そんなボヤけた頭中に、ある人物のことが思い浮かびました。

皆さんは“阿部徳蔵”と云う人物をご存知でしょうか。明治22年に東京市小石川で生まれ、昭和19年に藤沢市鵜沼で逝去、享年56才。大正期に摂政宮(後の昭和天皇)に奇術を披露した人で、クローズアップマジックの先駆者だったそうです。

ある理由から、この奇術研究家の業績を調べることになりましたが、生活の実態など、謎めいた人でもあるようです。手始めに本人の著書やこの人の事が書かれた本などを、自宅の書棚を始めネット書店や地元の図書館で調べ、收集してみました。

10種類ほどの資料が集まりましたが、新たに手に入れた本は次の三冊です。
昭和11年 人文書院刊 阿部徳蔵著 『奇術随筆』
-序-文で自分が奇術に引込まれて行った経緯や石田天海師(阿部徳蔵と同年)の演技に触れた文を読んだ程度ですが、まだ触りだけなので大いに興味を抱かせる。
昭和13年 第一書房刊 阿部徳蔵著 『とらんぷ』
紙質が良く写真も多い。後ろの2割ほどのページはカード奇術が書かれている。
昭和46年 TAMC刊 坂本種芳監修 『奇術に賭けた人生-阿部徳蔵氏の横顔-
アマチュアリズムを貫いた阿部徳蔵の実像がゾンビのように浮かび上がって来る?

阿部徳蔵を探す旅の端緒についたばかりで、これから一つ一つ資料を確認しながら、先に進んで行かねばなりません。三冊の本を入手して驚いたのは、どの本も長年の経時で日焼けはしているももの、紙面に折り目が全く無く、読まれた形跡が見られないことでした。

c0049409_14494479.jpgc0049409_1445118.jpg
c0049409_1505835.jpgc0049409_14564235.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-01-30 15:04 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/23409488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今日は~このおうちを建ててから... 感銘を受けた2つのMAGIC小冊子 >>