「TAMC家族会 マジックの会」の風景から

先日の日曜日(6/14)は、『TAMC家族会 マジックの会』が市ヶ谷アルカディア(私学会館)で開催されました。昨年までは、例会を行っていた東京商工会議所内で開催していましたが、東商ビルが建替えのため、今年は内輪だけの会に衣替えして行われ、参加者は会員とその家族、併せて80名ほどでした。

前半はテーブルホッピング方式のクロースアップマジック、会食を挟んで、後半はサロンマジックが披露されました。自分はテーブルホッピングの方をやらせて頂き、パドルマジックとカードを演じました。テーブルホッピングは初体験・・4席での演技は少々きつかったですが、終了後のお酒は格別でした。

会食後のサロンマジックは、ワインやウイスキーを手にしながら、楽しく観させて貰いました。何しろ男だけのクラブですから・・多くの奥さまがステージに上がられ、華を添えられたのが良かったです。また、土屋さんの不思議な塗り絵手品や田澤さんの手練手品は、内輪だけで観るのは勿体ない気もしました。

もう一つ、この発表会に添えられたのが、阿部隆彦副会長のコレクション展示でした。この方の奇術古書や特殊マジックグッズ(?)は度々拝見していましたが、今回の品位のある食器等々の展示は、催しの気品を一段高くしていた感がありました。内輪の催しにつき、あまり多くを語れないのが残念です~028.gif

c0049409_1823667.jpgc0049409_1854619.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-06-17 17:55 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/24273271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「奇術研究17号」への深~い想い入れ 摂政宮(後の昭和天皇)への阿部... >>