マジック愛好家への推奨~3サイト

今回は、私~“いしけん”が日頃インターネット上で愛読させて頂いているマジック系サイトの中から、マジック愛好家の方々に特にお薦めの3つのサイトをご紹介することにします。

① 「東京マジック」の奥座敷『マジックラビリンス』
東京マジックはトランプマンこと星野徹義氏が運営するマジックグッズの販売サイトです。そのホームぺージの中に『マジックラビリンス』と云う商品販売とは異次元のコーナーがあり、ここには六名の著名な奇術研究家が、惜しげもなくマジックに関する色々な角度からのオリジナル記事を掲載されています。
執筆者は~坂本圭史氏,松山光伸氏,平川一彦氏,土屋理義氏,古川令氏,氣賀康夫氏
中身は~コレクション、手品史、カード奇術研究、創作奇術、等々…。
正直云いまして、こんな貴重な情報を無料で見られるのは、マジックを趣味にしている者に取り、有明のビックサイトに匹敵する“マジック展示場”と云えましょう。

② 「フレンチドロップ」の桟敷席『石田コラム』
フレンチドロップは関西を代表するマジック販売サイトです。扱っている商品が多彩で、自分もここから手品用具を購入したことがあります。そして、このサイトの中にコラムがあり、奇術研究家の石田隆信氏が14年前の2001年10月に第1回「マジックに適したカードとは」を掲載されてから、現在第71回(2015年8月分)まで書き進まれています。各コラム記事の掘り下げ様は半端ではなく、地球の裏の裏まで達する徹底調査。今年四月に石田氏に始めてお会い出来たので、このコラムのことをお尋ねしたところ、飽く迄趣味として書かれていると話されておりましたが、本格マジシャンには必読のサイトです。

③ 河合勝氏のJapan Magic Museum『日本奇術博物館』
日本の奇術文献蒐集の第一人者-河合勝氏が2014年10月から連載をされているブログです。使われているサービスサイトはこの“おうち”と同じエキサイトなので、より親しみを感じます。Excite blogは写真が綺麗なのが特長で、アップされた文献は見易く、また河合氏が貴重な各掲示文献に解説を記されているので内容の把握も容易です。これを閲覧されると~江戸時代から明治・大正・昭和へと至る間の日本の奇術界が辿って来た街道筋が一目で見渡せます。なお、河合氏は愛知県在住につき、お見掛けするのは稀なのですが、今年の四月に開催された「天海フォーラム」の後の懇談会でお話をさせて頂きました。

サイト名をリンク付け~フィットするとそのサイトに飛行できます。
写真は~左が河合氏から頂いた冊子、右は星野氏の著書の一つです。

c0049409_12272635.jpgc0049409_12332190.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-09-21 12:38 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/24709821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 第45回東大ステ-ジマジックシ... 第57回テンヨーマジックフェ... >>