荻窪の「邪宗門」訪問 & 関東大学奇術連盟の「春連」鑑賞

5月3日(火)の憲法記念日は、MN7で精力的に活動をされている中村安夫さんから声を掛けて頂き、荻窪の邪宗門を訪問し風路田和枝さん(故・風路田正利氏の夫人)と歓談後、西東京市民会館公会堂で開催の関東大学奇術連盟の春連を鑑賞して来ました。邪宗門は丁度半世紀前に興味本位で2度程コーヒーを飲みに行ったことがあり、お店の場所は憶えておりましたが、店内の装飾品等は記憶が残っていませんでした。和枝夫人は今でも喫茶店をお一人で営まれているそうで、そのことに驚くと共に、石田天海賞を主催されていた当時のご主人の周辺の出来事について詳細なお話をされ、ご高齢とは思えぬ記憶の良さにビックリしました。

邪宗門には濱谷堅蔵さんと小林恵子さんもご一緒し、私は皆さんの話を、唯々拝聴するだけでしたが、自分の知らない邪宗門クラブの姿をおぼろげ乍ら想像することが出来ました。邪宗門を辞する間際に、1956年 Charity Circle Theaterで行われたSAM主催の“HOCUS POCUS'56”に天海夫妻が出演された貴重なプログラムを拝見させて頂いたり、小野坂東氏の天海賞受賞記念の本や風路田氏が発行されていたニューマジック誌などを頂戴したりしました。田無に着いてから中村さんと二人になった折、1時間程甘味を食しつつ歓談をした中では、終戦直後の貴重な資料を頂戴しました。この日は正に“Great Present Day!”でありました。

西東京市民会館公会堂へは小林恵子女史の愛車に乗せて頂きました。同乗の方には話しませんでしたが、走行した青梅街道は、練馬に住んでいた時に自車でよく走った所なので懐かしく思いました。その後開場までゆったりと時間があったものの、色々とアクシデントがあって開演間際に息を切らせつつホールに到着しました。会場内で、また帰路の田無駅前で、私の母校の奇術部の現役部員12名に遭遇したのには驚きました。「こんな遠くによく来たね!」と云ったものの、自分の方が倍上以遠方の茨城の田舎から来たことに気付き~思わず苦笑。

さて、今年の“春連”で好印象の演技を挙げてみることに…
鉄羅由奈さん(法政)のフラワー
花の出現がシンプルでありながら、艶やかなボリューム感があって、見応えあり。
ちんちくりんぐぴょこさん(成蹊)のリング
2本リングが長い感じがするも~3本~4本への増加のステップがとても美しく。
さてさて、男子も一人挙げねば、男女のバランスが取れないので…
Motoki T.さん(東大)の四つ玉
ピエロに扮した演出は面白かった。玉技をBrush upすると演技が映えると思った。

c0049409_10493196.jpgc0049409_10525332.jpgc0049409_10462355.jpg
c0049409_10544345.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2016-05-06 10:58 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/25580264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 最近入手した三冊の奇術古書を読... 恒例の平塚合宿に参加しました。 >>