マジック活動での「人生訓」

先週の金曜日、地元「カードマジッククラブ」の月一の例会に参加しました。東京のマジッククラブの前週の研修会と前日の例会に参加出来なかったので、久方ぶりのマジック活動でした。仲間は十人に満たない人数で、講師の私が事情により2年2ヶ月もエスケープしていたにも関わらず、足掛け8年も続いているのは、正に奇跡としか思えないクラブです。(多分)…全員私よりも年長ですが、皆さん発足当時と変わらない姿に、マジックが少しは役に立っているのかなぁ~と思っています。

今回は、年二回行われている「食事会をしますよ~」と事前に言われていました。行きは散歩がてら生涯学習センター迄歩いて行きましたが、食事会の和風レストランへは、女性会員さんの車に乗せて貰いました。このクラブは現在会長を置かず一年毎の持ち回りの幹事さんが事務方をされています。その幹事さんが食事を摂り始まる前に、全員に「人生訓」のような書面を配ってくれました。30~40年前に何処かで入手したものだそうですが、自分に取って現実味のある文面でありました。

上文で(多分)…と書きましたが、メンバー間の個人情報は、名前・住所・電話のみだからです。(多分)…趣味のクラブやサークルは同じなのだと思います。それに比し、東京のマジッククラブは入会時に、生年月日・出身校・職業(社名や役職)・マジック歴・信条などの情報を提示しています。これは八十数年の歴史の中で継続されて来たからこそ、出来ていることなのでしょう。自分としては、これは良い慣習と考えています。趣味の集まりとは云え、ある程度の個人詳報の開示は、その後の活動に、程良い信頼感が確保されると思っていますので…017.gif 045.gif

地元のマジッククラブの方が配った「人生訓」は合計5枚でした。
その中で、マジック活動に関係しそうな二点を掲示しておきます。
どうやらこれは、山口県の瑠璃光寺で配布された文面のようです。
c0049409_15394619.jpg
c0049409_154183.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2016-08-22 15:44 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/25919487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京マジック主催の「渚晴彦レク... 「奇術研究51号」で一夜のビバーク >>