東京大学奇術愛好会の「ステージマジックショー」…三つの???

先週の土曜日(9/24)は、練馬文化会館小ホールで開催の『とっておきの…』と題された東京大学奇術愛好会の「ステージマジックショー」を観て来ました。日本橋公会堂で開催された昨年は、残り数席で辛うじて最後尾の座席を確保する状況でしたので、今年は整理券配布の1時間前に会場に到着すると、待ち人は思いのほか少なく、十名足らずでした。その最前列に見覚えのある三人組のお姉さま~港マジック同好会の方々でした。マジック活動のことや、港の会長さんのことなど…暫しお話しをさせて頂き、持て余す時間を有効に?消化することが出来ました。

実は…この催しに行こうか止めようか、昼頃まで迷っておりました。同日は所属クラブの発表会の練習日につき-リハーサル前に広い場所で感触を確かめておきたい思いと、生憎の雨降りで-お出掛けが鬱陶しい思いと、前々日のテンヨー大会が抽選で外れたので-東大だけでも見ておきたいとの思いと~が入り混じっていました。そんな中で練馬文化会館に足を向かわせたのは、会場の 練馬 が自分の育った地であったので、目に見えぬ引力が働いたのかも知れません。

テンヨー大会の直後のためか、会場には中高年のマジック愛好家の姿が少なく、また東大の発表会としては珍しく、後方に空席が見られました。演技の中身は、学生界のトップを競う会であるだけに、今年も印象に残る演技が幾つかありました。
前半: るーさん「Jump UP」  後半: あやっぺさん「Midnight Circus」

プログラムやアンケート用紙を見ても演者の特定が出来ず、隣に座られていた向田邦子さんの若い頃を思わせるご婦人(多分OGさん)に、「シャボン玉のボールを演じたのは、どの人だったでしょうか?」とお尋ねしたら、「皆さん、演技は頑張っているのですけど…確かにアンケート用紙を見ても、演目が全く分かりませんねぇ。多分この人だと思いますが~?」と教えて頂きました。会場を見回すと、黒いスポーツ帽を被った1名を除き、観客全員が東大の現役生かOB,OGさんに見えて来ました。

この事を含め今回の東大マジック発表会で感じた三つのを記しておきます。

1の;プログラムの何処にも、開催場所や開催日が書かれていなかった事。
   (出演者の方が、20年後にこのプログラムを見て~?と思うかも-)

2の;プログラム はさて置き、アンケート用紙にも演目の記載がなかった事。
   (これでは、お客さんはアンケート用紙への記入が出来ないですょ-)

3の;クリスマスは三ヶ月先なのに、MCさんが「サンタとトナカイ」だった事。
   (東大の発表会の幕間は毎回感心していますが、今回は先取り過ぎ-)

c0049409_2155611.jpgc0049409_21592430.jpg
c0049409_2204942.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2016-09-27 22:03 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/26016653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 多湖先生の遺品と別荘に触れて 『阿部徳蔵氏の業績研究』のCDが完成 >>