母校の文化祭を訪れて考えたこと。

土曜日(10/22)は、母校の文化祭に行き、サロンマジックを見て来ました。開場が13時との事なので、南千住駅に12時少し前に到着。昼食を摂ろうと駅前のラーメン屋に入り、湯麵を注文し終わると、向かいの席にちょび髭を生やした爺さんが鎮座。山谷住まいのお方と思いきや…同級生で親友の一人O君でした。待合わせをした訳ではなく、彼は卒業後47年振りに母校にやって来たとの事で~驚きました。

理由を聞いたら、今春テレビ東京「出没!アド街ック天国」の南千住を取上げた番組で、城戸真亜子さんが「南千住と云えば、航空高専でしょう!」と発言したそうで、南千住を懐かしく思い、直後に訪れたそうです。その時は母校に入る勇気?がなかったので、この日の文化祭にやって来たそうです。ただ、母校と云っても自分達が通った場所とは違い、校名も異なり、当時の学科は一つも無いのですけどね。

そんな訳で、思い掛けなくも、ちょび髭のO君と連れ立って母校に入り、当方は奇術部の合同講義室での40分程のサロンマジックを鑑賞しました。その後1時間のステージショーがホールで行われるとのことでしたが、マジックは既に満腹状態につき、クラブの部長に当方の10月30日の発表会のチケットを数枚押付け、奇術部KMCの発表会が来年2月4日(土)の予定である事を聞いて、母校を後にしました。

午後4時前、駅前でO君との懇談の場所を探すと、雑居ビルの2階にお酒も肴もオール三百円の居酒屋がやっていて~入店。O君は電気大手のS社に入り、当初は東京勤務につき、30才位迄は新宿や池袋で飲んだり、ゴルフや釣りに行ったりする仲でした。その後彼は米国-仙台-鹿児島と職場が変わり、50代半ばで早期退職に応募。直後に25年振りに東京で再会、今回がその後三度目となる懇親のひと時でした。

O君の他、大企業にいた同級生二人が50代で早期退職。退職金の割増しや、企業年金の付与があるのでしょうが、こう云う道って何か変。本人にも国にも良い事ではないように思えてなりません。私のように中小企業勤めの場合、早期退職では老後の保障は××。定年後2年の手品生活を経て、二社6年の顧問勤め。今は家人から「シルバーでもいいので働きなさい!」と云われています。老後の幸せって…??

母校の文化祭は同級生に偶然逢った話が中心になり、マジックについての話が疎かになり失礼しました。サロンマジックで観た後輩達の演技は以下でした。
*シルク&フラワー *ロープ *シンブル *ウォンド *ペイント
どれもそれなりに演じていて、外れはなくも…それぞれミスと云える演技箇所もあったものの、最初の「シルク&フラワー」と最後の「ペイント」に見所がありました。思えば50才離れた部員達のマジックの演技を観られるのは、やはりOB冥利と云えましょう。そして、司会をしていた自分の孫のような女子部員を見ていると…古希が迫った身ながら、奇術部を見続けて来た幸せ感がヒシヒシと~016.gif

c0049409_17122274.jpgc0049409_17193826.jpg
c0049409_17202983.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2016-10-25 17:27 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/26091047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「第71回TAMCマジック発表... 多湖先生の遺品と別荘に触れて >>