この“おうち”が12年を通り抜けて

一昨日“ちいさいマジックのおうち”は12年を通り抜け、13年目に突入しました。

干支を一周した訳ですが、もう一周する気持ちはあっても…体力(命)が続くのか、また変革が早いITの世の中で、このブログと云うシステムがこの先12年続くとは思えません。なお、前回の記事を書こうとしたら、従来使っていた書込み方式が削除されていて、2年程前から導入されていた新方式のみとなっていました。


ですから、前回の記事から以前と違って何か変~?と思われた方は、このおうちに度々足を運んで頂いている訪問客と確信出来ます。全体には迅速に記事がアップ出来ることを目的にしているのでしょうが、文字の大きさが思うように変えられず、写真も小細工が出来ません。所詮私の不慣れが原因なのかも知れませんので、追々見やすい記事となるよう努めて行こうとは思っています。

c0049409_16335239.jpg

先週の木曜日に東京のマジッククラブの例会に出席した折、会員発表の中でSさんが漢字を使った文字当て手品を披露されました。類似の作品が柴田直光氏の著書「奇術種あかし」解説されていたことを思い出し、確認をしたら最終ページに載っていました。五番目の文字は臼ではなく斗となっている以外は同じでした。漢字文化をうまく使っているのが良いところですね。その文章を下記に引用させて頂きます。


【蘇武牧羊】
これは漢字の当て物である。中国の古い奇術の本“中外戯法図説”にある。8枚の手頃の札を用意し、これに平、求、王、元、斗、非、半、米と漢字を書き入れる。


興味を覚えた方は手持ちの本でご確認ください。本の無い方はネットで蘇武牧羊を検索すると、本より丁寧な解説で改良された奇術研究家の優品に辿り着けます。

c0049409_16340838.jpg
c0049409_16341684.jpg

私の所に今三冊の「奇術種あかし」があります。(左の二冊は預り品)
左から~昭和26年の初版、昭和30年の再販、昭和40年の9版。
発行は14年の差があるものの、何れも定価は180円です!!


[PR]
by ishiken55 | 2017-02-05 16:50 | モノローグ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/26380066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「日本奇術協会創立80周年記念... 第72代横綱<稀勢の里&... >>