YMG主催『第55回マジックフェスティバル』へ

先日の日曜日(2/25)は午前の所用を済ませた後、即常磐線に乗り一路YMG主催『第55回マジックフェスティバル』の会場「横浜市南公会堂」へと向かいました。開演が14時につき、昼食をお店で摂ると間に合わないので、事前にパンとジュースを買い込み、東海道線に乗換えてから対面座席で食べました。連れが居れば未だしも、一般の電車内で物を食べるというのは、ちょっぴり勇気がいるものです。

南公会堂は昨年と同じ会場。地下鉄「阪東橋」で降りましたが、一つ前の駅が「伊勢佐木長者町」と言うのに気付き、このリッチな駅名に感心しつつ…勝手知ったる会場に向かって速足行。しかし目的地が現れず、不安になって通行人に尋ねると、路を90°間違えた模様で、開演のブザーが鳴る中~目的地に到着しました。中村氏から送って頂いた地図を手にしつつ、今回も方向音痴が露呈してしまいました。

1,2部共に7演目で、16時丁度に終演。この位の演技時間が見る方に取っては理想と思えました。横浜マジカルグループ(YMG)は来年60周年の歴史あるマジッククラブですが、昨年運営上の脱皮を余儀なくされたと聞いています。その様な状況の中で、新規の会員さんも数名出演をされ、新旧の調和がとれたステージを披露されておりました。その中から、印象に残った演目を幾つか紹介させて頂きます。

<第1部>
4名(新人さん?)による「プロローグ」;新聞紙を使ったマジック
 新聞紙がアートになり、復元し、になり…スピーディでダンディな演技。
3名(男性2人,女性1人)の「マジックホスピタル」;笑いを誘うマジック劇
 小道具や動作が笑いを誘発。砕けすぎない演技で、間延びなく楽しめました。
中川氏「しなやかに,そして‥」と中村氏「ハング・ハング・ハング2018」
 スライハンドは~前者のリズミカルなロープと後者のトリッキーなハンガーが光ル。
<第2部>
金原利通氏による「どん どん どん」;風船を使ったマジック等々!?
 バラエティーに富む演技につき、忘却した中で、色変りする風船が強く心に残る。
鈴木昭弘氏による「ザ・トランプ」;客と掛合うカードの移動マジック
 ノーマルデックにつき、後方席は手元は見え難くも、客を惑わす?話芸はお見事!
大トリ/山内敏子氏の「江戸の夢」;シルク,くす玉,花,達磨,大扇子,等の出現
 切れのある動作で、鮮やかに出現する品物が、艶やかにステージ上に立並ぶ。

<追伸>
帰路はクラブの同朋5人で横浜駅近くの沖縄料理店にてチビチビ&グイグイと~??

c0049409_16263769.jpg
c0049409_16315368.jpg



c0049409_16264747.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2018-02-28 16:49 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/29341116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本奇術協会主催『MOM 11... 青山学院大学を初訪問 >>