5月終盤のマジック行動

このところ記事にするようなマジックネタが少なく、心の余裕も無いため、5月は月一の記事のみになってしまいました。一応5月末に有ったマジック行動二つについて、備忘録を兼ねて書き連ねておく事にします。

5月26日(土)は地元でささやかなステージマジックを披露
午前9時半に、昨年知己となった同年のマジック仲間タッキー・モーさんが迎えに来られて、タッキーさんの地元・刈谷自治会館を訪れ、文化祭のアトラクションでマジックを演じました。二人で20分との事で、7分と13分に振り分けましたが、実際の二人の合計演技時間は25分でした。予定時間を5分オーバーしましたが、後の演者の準備が遅れていたそうで、スタッフにお叱りを受けることなく、無事終了。
二人の演目は…
タッキー氏は…紙筒からのシルク、フォーナイトメア-ズ、3本リング
いしけん拝は…縦笛ウォンド、ファンカード、リングとロープ、神田祭

私が地元でマジックをお見せするのは三回目。最初は7年前の4月震災直後にカードマジッククラブが開催した生涯学習センターでの発表会。二回目は2年前の2月腎臓がんの手術直後に依頼があった女化子供会でのTAMCボランティア出演でした。タッキーさんとは5回ほど交流会を持ちましたが、お互いマジックを人前で演じる姿を見るのは今日が初めてでした。二人の演技の写真は、知人のNさんに写して貰いました。姿がボケているところが、掲載するに当たり何ともありがたく~。

c0049409_17453345.jpg
c0049409_17505596.jpg















c0049409_17404904.jpg

5月27日(日)はTAMCの「家族会マジック発表会」で冊子を頒布
この日、東京のマジッククラブ(TAMC)の「家族会マジック発表会」がアルカディア市ヶ谷で開催されました。四部屋にて各12人により同時進行で演じられる約2時間のサロン&テーブルマジックは、お客様が演者の至近距離でマジックを見られ、同じマジックでも、ステージとは異なる親しみを味わえる発表会です。

昨年は、直前に親族が他界し、その事後対応で行ける状態では無く、この発表会を欠席しました。今年は演じるべき新演目の取組みが出来ず、2年連続で出演しないことに相成りました。それでも今年は冊子の頒布を行うべく、40冊をキャリーバックに詰め込み現地入り。この発表会のお客さんは二百名程。また会員のご家族・知人が主体につき、マジックを趣味にされている方は観客の1割程と推測され、冊子をお求めになる方は限定的とは思っていましたが、未配布だった会員分を含め約半分を配布及び頒布出来ました。ただ、出演者の演技が観られず残念!!

※再度の告知となりますが、TAMCの研究委員会で編集をしました…
冊子『高木重朗氏の業績研究』を1,500円(送料込み)で頒布をしております。ご所望の方がおられましたら、非公開コメントでお知らせください。
c0049409_17411882.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2018-06-02 17:59 | マジック ニュース | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/29530900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-06-09 16:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ishiken55 at 2018-06-10 09:58
ゴンさん、コメントありがとうございます。管理人のいしけんです。ご住所とメールアドレスを(非公開コメントで)お知らせ頂ければ、当方からメールで振込先等をお知らせ致します。なお「高木重朗氏の業績研究」の頒布要領につきましては、当ブログの4月7日付けの記事をご参照ください。
<< 火を使わない「真田紐の焼継ぎ」... 『第9回 奇術を語る会』から >>