『第60回 テンヨー マッジック フェスティバル SIXTY』1/3鑑賞記

先日の日曜日(9/30)は、日本橋三越百貨店本店6階の三越劇場で「第60回 テンヨーマジックフェスティバル」が開催される日でした。しかし、当日は大型台風24号が日本列島を斜めに通過するとの情報があり、首都圏のJR東日本は、午前中に午後8時で全ての車両の計画運休を行うとテレビで報道されていました。

自分が確保したテンヨー大会のチケットは午後5時から始まる「夜の部」…さて、どうしたものだろうかと、午後2時過ぎ迄“行く~止めるか”悶々と悩んでおりましたが、てっぺんには殆ど無い髪を引く見えない念力(?)に逆らえず、3時少し前に家を出て、フェスティバルの会場~日本橋の三越劇場へと向かいました。

午後5時に開演のショーは、休み時間等を詰め午後8時に終演になると告知されましたが、3人目の演者のMASAYOさんまで観て、会場を後にしました。NHKの朝ドラ「半分 青い」は前日終了しましたが、今回のテンヨー大会は「2/3 ??」。それでも1/3の演技について、備忘録として少々書き残しておこうと思います。

渋谷駿&かほのお二人
鳩出しとミリオンカードが中心の演技。駿さんの若くて美しい立ち姿は実に良いイメージで、かほさんとのタップダンスの気持良いテンポが、観る人の心に潤いを齎していました。鳩もカードもそつなく熟していたと思います。今後の成長が期待できるプロマジシャンと思いますが、演技の中にプロとしての特長又は個性が今後は必要になって来るでしょう。
せとなさん
2017年テンヨージュニアマジシャンコンテストでグランプリ受賞したそうで、白を基調とした大きさの異なるボールも組入れた四つ玉とフワフワした白のシルクのようなモノを組合せた演技。ユニークさもあり、テクニックも相当なレベルに思えましたが、一番の問題はストリーが無いこと。プロではないので、厳しいことは言いません。今後に期待デス。
まさよさん
FISM釜山大会の前の7月初旬に『奇術の宴』で拝見した演技でしたが、その時とは、イントロと中間のロングのロープの演技内容が変わっていたように思いました。今回はイントロに赤いロープを用いていたのは、(赤は清潔感がないので)個人的には感心しませんでした。中間のロングのロープの箇所は演技に締まりが出て、とても良いと思いました。

自分が観たのは、此処迄でした。タンバさんと外国人のFISM入賞者二人の演技を観たかったのですが、長い人生…色々あります。但し考えてみたら、果たして後何回テンヨー大会が見られるかと思ったら、心許無い丸太橋~。
c0049409_17124160.jpg
c0049409_17190735.jpg
c0049409_17185942.jpg
c0049409_17191961.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2018-10-06 17:23 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/29780971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『第72回 TAMC マジック... マジック愛好家・大ベテラン宅の訪問録 >>