“マジック・オフ会” に初参加

ネット上の同好者が集う“オフ会”というモノがあることは聞いていましたが、団塊世代の自分には全く関係無いことと思っていました。

ところが・・・とあるSNS内で、プロマジシャンの上口龍生師主催の「クラシックマジック研究・オフ会」が計画され、主催者のご配慮により、シニアという言葉に違和感がなくなってしまった“いしけん”が出席し易い状況に設定していただいこともあり、先日の土曜日、千葉中央駅前の居酒屋「吟の抄」で開催されたそのオフ会に、参加することになったのでした。

そして、日本料理と生ビールを脇役にして、クラシックマジックの探索や蘇生談義に話が弾む楽しいひと時を、15名のマジシャンと共有することに。マジックの同好者というだけで~年齢、経験、そしてプロ・アマを問わず~面識の無い人達が集い、それぞれのマジックに対する熱い想いを語り会えるオフ会というのは、ネットならではの実に素晴しいシステムと思いました。

ただ、オフ会が成功するか否かは、そこに集まる方々が~主題(今回の場合はクラシックマジック)に対し本物の愛情を抱いているか、そして参加者への思いやりの心を有するか~で決まるように思いました。ですから、そのような条件が整わないオフ会は、殺伐とした状態に陥る危険性を孕んでいるようにも思えたのでした。

◆ 今年は暖冬なのでしょうか、庭の桜草が花を付け始めました。
c0049409_19411864.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2007-01-16 23:43 | マジック ニュース | Comments(0)
<< 「ジャンボカード de マジッ... 「人はなぜ簡単に騙されるのか」 >>