「こどもマジック教室」は~夏の夜の思案橋

まだ三ヶ月も先のことですが、ある自治体の施設から「こどもマジック教室」の講師を依頼されました。対象は小学生で開催日は土日の二日間。マジックを覚えて~楽しんで~マジックファンの新芽となり~大きく育って貰うには、どのような内容にしたら良いかと思案しています。

<レクチャーの選定スタンスは・・>
*市販のマジックグッズは使用せず、廉価な日用品で行えるマジックが第一条件。
*そして~1回のレクチャーで、普通の小学生がしっかり習得できるモノ。
*ヒューマン心理や自然科学を利用し知的好奇心を喚起するマジックが望ましい。
*更に~見て楽しく、演じて楽しく、家庭や遊び場に“和”を齎す内容であること。

こんなことを考えつつ、レクチャー用のマジックの演目を考えてみました。
そのリストを良く見ると、完璧に私の好みのモノだけとなっておりました。

<レクチャーの演目候補は・・>
c0049409_11484418.jpg「数の足し算」(有名なメンタルマジック)
「ロープのシーソー」(私称"下剋上の輪")
・「1本のロープ」(結び目の作り数種)
「2本のロープ」(所謂"神田ばやし")
「復活するロープ」又は「ハサミとロープ」
「パドルマジック」(割箸を使用)
「カードマジック」
 (仲良しジャック・エレベーターカードetc.)

少々テクニックを要するモノもありますが・・『小学生を~侮る無かれ!?』
[PR]
by ishiken55 | 2008-07-27 11:55 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ishiken55.exblog.jp/tb/9306911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 同級生 at 2008-07-28 08:08 x
次世代に伝えられる、技を持っているからこその依頼なのですね。うらやましい仕事です。
是非楽しんで教えて下さい。
でも、確かに『小学生を~侮る無かれ!』
Commented by ishiken55 at 2008-07-28 18:28
同級生さん~ご無沙汰してます。
腕を見込まれたからではありませんし、仕事と言うよりボランティア的なご依頼です。
でも、私に取っては嬉しいお話なので、喜んでお引き受けしました。
・・・子供達に「下剋上の輪」はマズイでしょうね。ましてや「男女のシーソー」も?
<< 『白い1本のシンブル』から 「コーンとボール」 は消え行く運命? >>