カテゴリ:マジック グッズ( 48 )

火を使わない「真田紐の焼継ぎ」にチャレンジ

昨秋マジッククラブの例会時に、会員のMさんから坂本芳彦氏の遺品の「真田紐」を譲って頂いた。坂本芳彦氏は私のクラブ入会時に幹事長を務められていて紹介者にもなって貰い、その後も色々と目を掛けて下さった方だったが、今から5,6年前に私が1年以上もクラブを休んでいた間に逝去され、葬儀にも参列出来なかった。そんなことから、Mさんの道具提供の話を聴き、芳彦さんが所有されていた道具を使って発表会で演じ、お礼とご供養をしようと咄嗟に考え、手を挙げてその品をゲットした次第。

真田紐を使った手品は、その昔定期購読をしていた季刊雑誌『奇術研究47号(昭和42年12月刊)』に高木重朗氏による「真田紐の焼継ぎ」が解説されていたのが最初の出逢いであった。ただ、その時は紙面であり、作品の印象はそれ程強くは無かったように思う。実際の演技を生で観たのはその翌年で、プロデビューして間もない新進気鋭の奇術師・北海マキさんであった。チャイナドレスの女性後見を伴い、中華蒸籠・チャイニーズステッキ・真田紐を組み合せた演技はスピーディーで、見事であった。

それから50年が経ち…今回真田紐にチャレンジするに当たり、『奇術研究47号』を再読。最初の「真田紐の両端を縫い合わせて輪にします。」の一句からして、「そんな事出来ないよ!」とお手上げ状態。他に解説書は無いものかとネットで検索したら、麦谷眞里氏の著書『クラシックマジック入門事典』に真田紐の解説が掲載されていることが判明。しかし手持ちにその本が無く、5年前に撮った市立図書館の手品コーナーの写真をチェックするも該当の本はそこに無く、ダメ元で図書館へ直行する事に~。

図書館に到着し、即手品コーナーをチェックすると、『クラシックマジック入門事典』が保管されていて、思わずニッコリ。当市の図書館は、自分に取っては“第三のマジック書庫”との思いを再確認し、したり顔で真田紐の解説を読み下す。いやいや…この本は“入門”が付されているが、この本の解説文で未知のマジックを習得するのは困難。対象作品をある程度経験を持った人が、学習するには良い本と位置付けられると判断。故に私のような未経験者には、タネの作り方からして、詳細を知る事叶わず!

<追伸>
冊子『高木重朗氏の業績研究』の編集者を務めたことから、今まで交流が無かったマジック研究家の方からもメールや手紙を頂戴する機会が増えました。麦谷眞里氏はプロフィールによると高木重朗氏との深い関わりを持たれた方のようですので、今後何処で交流する機会があるか分かりません。矢鱈な言動は慎まなければならないと~品行方正の好青年ならぬ好老年(?)に徹しております。そんな訳で、火を使わない「真田紐の焼継ぎ」は、悪戦苦闘の日々が続いています。
c0049409_10335614.jpg
c0049409_10350676.jpg

c0049409_10433906.jpg
c0049409_10464340.jpg


[PR]
by ishiken55 | 2018-06-24 10:48 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

上口龍生師のマジッククラブへのゲスト来会から

先週の木曜(9/7)のマジッククラブ(TAMC)の例会は、プロマジシャンの上口龍生さんがゲストとして来会され、一時間近くに渡り多くのマジック演技を披露して下さいました。特に当クラブの先人に関係した作品を組入れて頂いたことを感謝すると共に、一層印象深い思いで観賞することが出来ました。

例会に参加すべく新橋駅を出て、日比谷通りに差し掛かった路地で、斜め前を行くダークスーツにキャリーバック二つを手にした人が立ち止まりました。お顔を見たら上口さん、即刻例会場所にご案内する事となりました。七年前は自分が絡む招聘でしたが、今回は偶然に波長が合い幸運でした。

例会が終り5階のエレベーターに乗ると、1階に向かわずに上の階に上りドアが開きました。そこには数人の男性と一人の女性…目鼻立ちがパキッとし小柄で横にバンと張った美女~それは渡辺直美さんでした。満員のエレベーターに突進して来られたらどうしよう!~と、一瞬恐怖が走りました。

二次会に行く道すがら、コインマジックの名手Kさんと話をしていて、最近発行されたコレクション『日本の貨幣』に明治3年の旧20円金貨のレプリカが一冊に一枚付いており、創刊号は特別価格190円なので5冊買っても千円でお釣りが来る~とお聴きし、翌日池袋で5冊ならぬ4冊を買いました。

何故5冊ではなく4冊にしたのかは、正直者故(?)エキストラなるものを一切使わない事をポリシーにしているからでありまして…などと能書きを云う前に、使わなければ何の価値もない事は分かっているのであります。そしてこのシリーズ本、創刊号がバカ売れした後の運命に、心が痛みます。

《上口龍生師が演じられた演目》上口龍生師のSNS記事から引用させて頂きます。
c0049409_14515230.jpg

1.近頃銀座風景 2.宝石シンブル手順
3.空帽銅銭取寄せ
4.ルービックキューブ
5.チャイニーズ ステッキ
6. ソロモン王の結婚バンド
7.ジャーマイン コード
8.ノッテッド シルク
9.夜の飛行カード
10.本式紙破り
11.カップ&ボール
12.新聞紙のコップ消失
13.コメディーバック


c0049409_14310732.jpg




c0049409_14210563.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2017-09-12 14:35 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

最新の「ハーフダラー六枚」に再生を託す思いとは……

結婚40年を記念して、奥様とご一緒に一ヶ月間アメリカ旅行をされて来られた東京のマッジククラブの仲間Tさんから、2016年製のハーフダラーを六枚お譲り頂いた。正確に云えば…一枚はお土産として頂戴し、後の五枚は格安で譲って頂いた。それにしても、「奥様と一ヶ月の海外旅行なんて…羨ましい~!」と思わぬこともないが、人は夫々好みの生活スタイル~大げさに言えば人生嗜好があり、その枠の中で如何に幸福感を感じられるかだと思っている。…などと書きつつ、やはり羨望の思いが文面に滲み出てしまっているのは否めない?かも~。

ハーフダラーは米国の50¢硬貨であり、ジョン・F・ケネディが表の肖像であることから、ケネディコインなどとも呼ばれている。現在は記念硬貨として特定の場所のみで販売されているそうで、2016年製の新品は美しいし、ケネディさんも輝きを放っていて…より凛々しく見える。また、ハーフダラーは日本のマジシャンに於いても、コインマジックに使用する定番のコインであり、銀が使われた年代の硬貨は高価な値となっているが、最新年の品も50¢硬貨でありながら日本の一番大きい硬貨と同額にてマジックショップ等で販売されている。

2016年のハーフダラー六枚を手にし、コインマジックに関しては、振り返ると十年以上殆ど進歩が無い我。コインマジックは、四十代の後半でマジックの再生を図るべく一念発起した時、カードやスライハンド系の演目とは異なり、再生する元テクが無く、一から勉強を始めた。そして約十年掛けて自分のコインマジックのレパートリーを記載した「コインマジックリスト」と実演時のメモ「コインマジックルーティン」を作成した。その最終更新日は 2004.09.30 と 2005.09.18 。この新硬貨にコインマジックとの疎遠解消を託してみたい思いが~!
c0049409_10511768.jpg

c0049409_1112097.jpgc0049409_1104911.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2016-07-22 11:03 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

地元の病院を退院・・ゆっくりとボディとマジックのリハビリへ

今月の7日から地元の病院に入院し、右の腎臓に出来た悪性腫瘍(がん)を除去するため、右腎臓の摘出手術を行いました。遠に還暦を過ぎているとは云え、入院や内蔵の手術は初めての経験につき不安は否めませんでした。手術前日には万が一の事も考えましたが、意外にも思い残すことが何も心に浮かばなかったのには自分でも驚きました。仕事・生活・マジック~この三つのライフワークにやり残したことが無いと云うのは、幸せな人生であったとも云えましょう。

入院生活は、手術後の一週間は切開部の激痛と高熱に苦悶する日々でありました。その後は徐々に熱が下がり、12日間の入院を経て無事退院することが出来ました。退院時は体重が2.5キロ減り、体力が落ちてしまって、早く歩くことができず、体を曲げたりすると今も切開部が痛みます。ただ、このような外科的要因は徐々に改善して行くと思われます。今後重要なのは、内科的な推移で、当初は1ヶ月毎、その次は3ヶ月毎に検査を継続する必要があるようです。

以上の状況で、入院時は元より、退院後もマジックから遠ざかった生活をしています。毎日行なっていた「リング&ロープ・四つ玉・カードハンドリング・ウォンド・ファンカード」の30分程のルーティン“マジック体操”は、既に3週間お休み状態です。ただ…先程テンヨーさんから今年の新製品として発売された商品を模して作った道具を取出し演じてみました。模倣品の作り方を書くと、テンヨーさんの営業妨害になり兼ねないので、ここでは≪石≫になります。

c0049409_187165.jpgc0049409_183541.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-12-25 18:12 | マジック グッズ | Trackback | Comments(2)

「OFFICE MAGICANA」のオリジナル・トランプ

先日の土曜日(11/29)、松戸市の中部小学校で催された『きょうこちゃんを救おう!!チャリティーフェスタ』に参加しました。きょうこちゃんは拡張型心筋症という難病にかかってしまった11歳の小学生です。国内では手術が受けられないため、米国で手術を行う資金を援助しようと周囲の方々が「きょうこちゃんを救う会」を立ち上げたそうです。この情報は救う会に賛同されたプロマジシャンの中島弘幸氏(元トランプマン2号)から教えて頂きました。

松戸駅に着いたら激しい雨。折りたたみの小さい傘では雨を半分ほどしか遮れず、中部小学校までは10分弱でしたが、濡れ鼠状態でイベント会場の体育館に入りました。丁度・・中島さんが通り掛かったので挨拶をして、その後バザーやワークショップを覗いたりしてから、少額ながらきょうこちゃんの手術が叶い成功することを祈りつつ募金をしました。そして“中島弘幸氏のコーナー”で「OFFICE MAGICANA」仕様のオリジナル・トランプを1つ購入。

舞台上では、女性のダンス・男性二人組のソング・メインイベントの中島弘幸氏のマジック~アンコールを含め30分の品格と優美とユーモアに満ちたステージを堪能させて貰いました。「OFFICE MAGICANA」のカードはUSプレーイング社製だそうで、バックは黒を基調に錯視を取り入れた洒落た意匠。紙質/表面処理も完璧です。なおカッティングに特質があることを発見しましたが、その内容は秘密です。知りたい方は購入されてお確かめください。
c0049409_10563067.jpg

c0049409_1124331.jpgc0049409_11181978.jpgc0049409_11162723.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-12-04 11:27 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

続・「はりやまボール」

前回の記事で取り上げた「はりやまボール」・・金色の輝き、見映えのする大きさ、触った時の適度な刺激~これをこのまま捨て置いてはもったいないと思い、マジックの用途を色々考えてみました。しかし発想の飛躍に乏しい性格故、常識的な枠のアイディアしか思い浮かびませんでしたが、同好の方の参考になればと考え、使い途を掲載することにしました。

先月のTAMCステージ発表会で自分が演じた素ボールの演技の前半の半分、即ち同色の2個のボールの箇所を、サロンマジックとして独立させて演じる。
 ≪はりやまボールでの演技タイム=全体の手順5分×1/2×1/2=1分15秒≫

このおうちの色々レクチャー“「カップと玉」 の一幕” (2006.01.17記事)の最終段に、中央のカップから大きなボールが出現するアクトを追加して使用する。

十日前に所属クラブの研修会で「ミラクルリング」を受講。この道具を利用、写真のように紐を手に掛けボールに近づけると、ボールが自らクルクルと廻り出す。

筆者だけが分かる使い方と云われそうですが~その通りだと思います。そして、どれも自分には実践的な事柄ばかりです。あくまでも、同好の方へ参考の用途をお示しするのが目的なので、使い途についてグッドなアイディアがありましたら、ご教示ください。

c0049409_18414691.jpgc0049409_17565337.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-11-25 18:50 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

「はりやまボール」でリラックス!?

先日、百均のダイソーでケイタイの充電コンセントを探していたら、金ピカのボールが目に入りました。商品名は「はりやまボール」、健康グッズのようでした。

c0049409_12221953.jpgBall Massager-どこでも手軽に-いがいがグリグリ
マグネット入り-サイズ; 直径 5 cm

・・と書かれていて、ボールを見ると指に挟んでみたくなる性癖があり~2セットを購入。

1個を手に持つと、しっとりとした感覚。
☆☆ 2個を指に挟むと、少し刺激があり快感。
☆☆☆☆ 4個を指間に押込むと、刺が強烈に痛く。


このボールは1個54円。マジックに使用している素ボールは1個2千円。
PCでの仕事の合間に、これでリラックス出来ればお買い得です~!?

c0049409_1283830.jpgc0049409_1291425.jpgc0049409_1294117.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-11-13 12:29 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

トランプの重さを計ル

先月、所属クラブの例会でトランプ手品を演じる機会があり、直前にタリホーのサークルバックの封を切りました。その時、中のカードを取り出して“目が点”に!~バックの印刷が明らかにズレてるのです。物差しで測ると白い縁が5.5ミリと3.5ミリで1ミリ寄っていました。何処で購入したのか覚えていませんが、定価のシールが貼られていたので、廉価品を購入したのではないことは確かです。周囲のカット面もザラザラしていてファローシャフルがスムーズに出来ません。USプレーイング社の同じ銘柄でも、製造場所により品質が異なるというのは、世間で云われて来ていますし、自分も度々経験して来たことですが。

今月、所属クラブのSさんから、米国へ行った折に購入されたバイスクルのスタンダードデックを1ダース頂戴しました。数年前までRider Backと称していたカードは、現在Standardと表示されていますが、中身は従来のライダーバックと同じようです。赤バックと青バックがそれぞれ6個入っていたので、取り敢えず赤バックの封を切ってカードを触ってみました。紙にコシがあり、表面の滑りは抜群で、周囲のカット面はシャープ。ファンアクトやファローシャフルがスムーズに行え、近年手にしたバイスクルには無い感触でした。アメリカで生産・販売しているカードは日本で売られているモノとは品質が異なるようです。

そのトランプを触っていて、他のトランプより重いように感じたので、郵便物を計るために購入したデジタル式のハカリでトランプの重さを計測してみました。条件を合わせるため、ジョーカーは1枚とし53枚のカードに統一。その結果は・・・
バイスクルのレギュラーバック 赤; 94 g (S氏から頂戴したカード)
バイスクルのライダーバック 青 ; 89 g (国内で購入したカード)
タリホーのサークルバック 赤 ; 88 g (先月封を切ったカード)

重さは品質の一部にすぎませんので、計測値から明言出来る事は何もありません。
ただ、トヨタ車が日本と米・中で生産したモノで品質に差があればオオゴトです。
トランプ手品愛好者にとって~たかがトランプ?されどトランプ!~なのでして。

c0049409_12343486.jpgc0049409_12321393.jpgc0049409_1238261.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-10-18 12:46 | マジック グッズ | Trackback | Comments(2)

「パケット・トリック」用のカード入れ

前回の記事で「パケット・トリック」を後輩氏から頂戴したことを書きました。それが誘い水となり「パケット・トリック」を仕舞い込んでいた箱を取り出してみたら、10組を超える品物がありました。どれも~進呈品・お土産品・付録品などで入手したモノです。デックの一部のカードのみを使い、何かしかの種を宿した「パケット・トリック」に、あまり好意を抱いて来なかった“いしけん”を感じました。そしてそのカード達はビニールケースやポリ袋に入れられていました。

今迄「パケット・トリック」を疎んじて来た理由は二つあります。一つは・・カードマジックはデック一組を使うのが当たり前で、予め用意されたカードのみを使うことに胡散臭さを感じる事。もう一つは・・用意したカードをビニールケースやポリ袋などから取り出すのはダサイ感じがする事でした。それでも、「パケット・トリック」の現象の意外性やシンプルさ、そして手軽に持ち運べる利便さは、最近捨て難いと思うようになりました。

そこで、「パケット・トリック」を頂いた翌日、散歩の途中にある百均のダイソーで「パケット・トリック」用のカード入れを探しました。そして写真に示す品物をゲット。商品の用途は“スマートフォンケース”で、黒の合成皮革で淵取りの色合いが4色、ポーカーサイズのカードが10枚は入ります。シックな外観(!)と若い女性の肌触り(?)を備えたこのグッズに~うっとりしたものの、演じられる作品が殆ど無いことに気付き、散歩の折に特訓することに相成りました。

c0049409_19514674.jpgc0049409_19505325.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-02-08 20:01 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

「トレーシングペーパー」を使った即席マジック

トレーシングペーパーと言う用紙をご存知ですか? 工学系出身で50才以上の方なら使ったことがお有りだと思いますが、若い方はご存知ないかも知れません。企業での設計図面のコピーが透視式からゼロックス等の普通紙複写式に代わったのは30年以上も前になるでしょうか。それ以降製図用紙として使用されていたトレーシングペーパーは、一部の用途を除き急速に見られなくなりました。

そんな運命を辿ったトレーシングペーパーですが・・先日所属するマジッククラブ(TAMC)の東京文化会館での集まりで、レクチャー担当のMさんが、桜の花びらを模した紙片を手のひらに乗せました。すると~その“花びら”が、不思議にも周りから内側に徐々に蕾んできたのです。当初手のひらの熱によるのかと考えましたが、“種”はトレーシングペーパーの湿度の影響なのだと教えらえました。

素材の性質を利用した即席マジックとして、とても面白いと思いましたので、ご紹介すると共に、桜の花びら以外にも色々応用出来るのではないかと思います。これは蛇足ですが、私・いしけんは自宅二階の仕事場と称する部屋に、これも今時珍しいミニドラフターを昨年から置いています。そして方眼のトレーシングペーパーを日常用いていることを、遅れ馳せながら~記事を書きつつ思い至ったのでした。

ネットでトレーシングペーパー販売会社の≪使用上の注意事項≫を見つけました。
「この用紙はナチュラルトレーシングペーパーのため、空気中の湿気を吸収し易い性質を持っています 。そのため出力機に設置したまま放置致しますと、湿気を吸収して波打ち状の皺が発生し使用出来なくなる場合があります。」

c0049409_910838.jpgc0049409_95262.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-07-01 09:20 | マジック グッズ | Trackback | Comments(3)