<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「アードネス」 は誰?

c0049409_1312621.jpg今年の3月にペーパーバック版で手に入れたS.W. Erdnase(アードネス)著「The Expert at The Card Table」の邦訳本「プロがあかすカードマジック・テクニック」が復刊されたとの情報を得て、先月末に池袋のジュンク堂書店で、欲しいと思っていたその書を購入したのでした。

家に持ち帰り、さっそく邦訳本を読んでみましたが、どうも文章にスムースさが無く、内容の理解に難しさを感じました。訳者としては原文を出来るだけ忠実に日本語に置き換えるべく努力されたのだと思いますが、どうも原文を直訳してしまうと~著者が表現しようとした内容が伝わり難いようです。(逆に、原文を余り噛砕いて訳すと~訳者の主観が入り過ぎて原文の内容から逸脱する恐れがありますので、マジック書の翻訳は実に難しいモノです)

それにしても、この本は初版から百年の歴史がある書だそうです。
百年前と言えば、日本では明治時代の末期、夏目漱石の「それから」や永井荷風の「あめりか物語」 「ふらんす物語」が書かれた時と考えると、この書の歴史を感じますし、その書が百年後の現在も綿々と世界中のマジシャンに読み継がれているということは、この書籍の中にカードマジックの礎が綴じ込まれている証拠ではないかと思います。さて、それでは著者S.W. Erdnase(アードネス)は、どんな人物なのでしょうか?どうも、それが謎のようなのです。

◆ 原著の「序文」には、かのマーティン・ガードナーが、その人物はギャンブラーのE.S Andrews(アンドリュース)ではないかと語っています。
ガードナーの序文のごく一部を、私なりに表現してみますと・・

「私は、アンドリュースが1902年に彼の本を出版するためシカゴの印刷所に金を払い込んだ事やシカゴのイラスト画家マーシャル・D・スミスに金を支払ったことを突き止めました。幸運にもその老挿絵画家スミスが、まだシカゴで健在であることを知りました。そして彼の住いを訪ね、スミス自身から直接挿絵を描いたときの話を聞き出したのです。
『ある寒い冬の日、挿絵を描くために、アンドリュースが滞在するホテルの一室を訪れました。フェルトで覆われたテーブルの上で、如何にもギャンブラーの手付きでカードを持った彼を前に、あの本の挿絵を描いたのです』 と~。
しかし、金に困窮していたアンドリュースに、誰が原稿を編集するお金を拠出したのかは、今も謎なのです・・“その男こそ、真のアードネスなのかも知れない!”


◆ また、邦訳本の「著者あとがき」には、『S.W.Erdnase』は『E.S Andrews』のアナグラム(語句の綴り換え)であると書かれていますが・・確かに、それも真実のように思えます。

*何れにせよ“アードネス”の謎は、この本を~より人気の書にしているようです。
[PR]
by ishiken55 | 2006-10-28 13:29 | マジック エッセイ | Comments(0)

最近出合った 楽しい “小品マジック”

デビッド・カッパーフィールドのイリュージョンやアルマンド・ルセロのカードマジックが、素晴らしいマジックであることは誰もが認めるところですが、『黒い棒に埋め込まれた宝石が飛び移る~パドルマジック』などの“小品マジック”にも、捨てがたい味わいがあるものです。
つい最近、とても洒落た二つの“小品マジック”に出合いましたので、今日はその作品について、お話をしようと思います。

c0049409_23315442.jpg一つ目は・・『迷って箸』
先月参加した、マーカ・テンドー師主催の「つくばコンベンション」で、秋田のディーラーショップ「月光企画」が2本二百円で販売していたマジックグッズです。

*現象は・・短い箸の端に輪にした紐が取り付けてあり、それを写真のように持ちます。その状態で親指と人差指の間を離さずに、“手から抜く”というモノです。

*タネは「ボタンホールを通り抜ける棒」がヒントです。2本セットになっているのが憎いところで・・友達と~恋人と~奥さんと~お子さんと~そして誰とでも~どこでも、楽しめるところが素晴らしい小品マジックです。なお自製のマジックグッズを作れば、もっと楽しくなる事と思います。

c0049409_23393730.jpg二つ目は・・『復活するストロー』
先の日曜日、池袋のサンシャイン文化会館で開催のJCMAマジックサークルへお誘い戴いた女性マジシャンの方が教えて下さった作品です。

*現象は・・1本のストローを、コップの中にハサミで2センチ程の長さにカットします。演者の手に、カットしたストローを載せ、その中から一片だけを右手で取り上げて、他はコップに戻します。そして、愛情を籠めて右手を揉み込むと “徐々に元の長い1本のストローに復活する”というモノです。

*タネは、各自でご想像ください。
使用するストローは、演じる場所により大きさやを使い分けると良いでしょう。
[PR]
by ishiken55 | 2006-10-20 23:53 | マジック グッズ | Comments(2)

「奇術研究49号」 との再会

東京の下町、隅田川沿いの「さえずり小鳥店」に、『鳩出し』用の銀鳩の番(つがい)二羽を買いに行ったのは、昭和41年(1966年)10月のことでした。映画「ヨーロッパの夜」が日本で公開され、チャニング・ポロックの『鳩出し』の演技に、多くのマジシャンが魅了されてから、6年が過ぎた頃でした。

銀鳩を購入したのは、一ヶ月後に迫った学園祭で、先輩のT氏が「ハトを出したい!」と言い出したからでした。しかし一ヶ月後、二羽の銀鳩は我々のマジックショーに登場することはありませんでした。学園際の後、何処からか入手した鳥籠に入れ、銀鳩を飼い始めたのですが、毎日の餌と水やりに手が負えなくなり、3千円程で購入した銀鳩でしたが、冬休みに入る時に級友のI君に引き取って貰ったのでした。その頃、『鳩出し~ダブプロダクション』については纏まった技法を解説したマジック書はありませんでしたので、極限られた情報と想像で『鳩出し』の演技にチャレンジしていた時代でもあったのです。

c0049409_9344312.jpgその時から1年半後の昭和43年5月、「奇術研究49号」に『はとのプロダクション』が掲載されたのです。(解説;高木重朗氏 演技;西村幸夫氏)
そしてこの解説記事は、プロや著名な研究家をバックに持たないちいさい学生マジッククラブに、『鳩出し』の演技への道を開くことになったのです。それから3年後、出身クラブの初めての学外発表会で、本格的な「鳩出し」の演技が演じられることになります。そして、その出発から色々な演技スタイルへと発展し、『鳩出し』の譜系は後の世代へ引き継がれることになったのでした。

・・・という経緯から、「奇術研究49号」は、購入してから一年も経たない内に後輩の要請で貸し出し、私の前から姿を消しました。そして、それから37年間、“その姿”を見ることはありませんでした。

先日開催した出身クラブの「40周年記念パーティー」の準備幹事会でこの話をしたら、マジック古書の蒐集で著名な後輩のたなか氏が、パーティーの日に「珍品マジック書の展示」の一つとしてこの「奇術研究49号」を持参して来てくれました。その赤い表紙を見て『いやー・・懐かしい!』と思ったら、いつの間にか、それは自分の鞄の中に入ってしまっていたのです。『これって・・若しかして・・“○引き”!』と気付き、たなか氏に申告。「鞄に入れてしまっのなら・・仕方無いですね」と、優しい言葉を頂戴し、家に持ち帰ったのでした。

自分としては、『鳩出し』のマジックを一度も演じた事はありませんし、演じようと考えた事もありません。しかし、演じた事がない分、鑑賞者として、よりその演目に憧れを抱いているのかも知れません。今では“時代遅れ”となってしまった解説箇所もあろうかと思いますが、「奇術研究49号」との再会は、出身クラブで40年前に銀鳩の番を購入してからのことが、昨日のことのように想い出され、懐かしさと感謝の気持ちで心がいっぱいになりました。
[PR]
by ishiken55 | 2006-10-15 09:46 | マジック エッセイ | Comments(0)

「東大の奇術発表会」 と 「マジックの公園デビュー」

c0049409_1727684.jpg昨日は、マジックマニアの方のお薦めにより「第36回東京大学奇術愛好会学外発表会」を観に池袋の『豊島公会堂』に行きました。東大の発表会を観るのは今回が初めてです。草創は大変古いと聞いていましたし、一年後輩のN君は学生時代に東大のリーダーと少し交流があったように聞いた事がありますが、私が学生だった当時はそれほど目立つ存在ではなかったように記憶しています。

でも、最近では学生マジック界の“雄”との評判が高く、是非一度単独のマジックショーを拝見したいと常々思っていました。

『豊島公会堂』に入るのは37年振りで、最後に訪れたのは“リガリーズ”や“ジローズ”といったフォークソング・グループが出演のコンサートだった事を何故か鮮明に憶えています。 また、『豊島公会堂』の隣の『豊島区民センターホール』は、出身クラブの発表会会場として11回使用していて、発表会を観に来たお客さんが、「間違えて、隣の“公会堂”に行ってしまった」と言う話しをよく聞いたものでした。

◆ 整理券方式とのことで、開演の2時間前に会場を訪れました。そして開演までの時間を利用して、会場でお会いしたスティングさんと、初対面のミリオンカードの名手・古川令さんの3人で軽くビールを飲みながら、カッパーフィールドのこと、FISMのこと、そしてスティングさんの出身マジックサークル(CMC)のことなどについて歓談させて戴きました。

◆ 発表会は、司会が介在せず、演技と演技の間は流れるような繋がりで見事でした。また出演者は殆どが2年生とのことで、強烈なインパクトのある演技はありませんでしたが、学生特有の妙な見栄切りは無く、一言で言えばレベルは高かった。そして、個人的には後半終盤の演技;「シルク」-「四つ玉」-「ウォンド」の三題は特に見応えがありました。

◆ 発表会の終了後、スティングさん、古川さん、東大OBお二人、そして既(奇?)知人二人の合計7人で、発表会の感想を語るオフ会となりました。その会話の中でとても印象的だったのは、東大OBお二人が後輩の演技について“熱く~篤く”語る姿でした。東大奇術愛好会も、このようなOBに支えられて今の学生界でのポジションがあるのだなぁーとの想いがしました。

その後別の所から、マジック界で名が知られた藤原氏と栗田氏が合流。話しが弾み過ぎて、当方~田舎への終電に危機一髪、深夜1時過ぎに帰宅となりました。アマチュアマジック界では、至ってマイナーないしけんですが、このオフ会は個人的に、若いママさんが“公園デビュー”する時と同じように“マジックの公園デビュー”となったのでした。(でも、いしけんが一番年上だったのです! 恐ろしや!)
c0049409_17352536.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2006-10-08 17:38 | マジック ニュース | Comments(0)

「40周年記念パーティー」 に参加して・・・

昨日、出身マジッククラブのOB、OGが参加対象の「K.M.C family 40周年記念パーティー」というイベントが、池袋の『かんぽヘルスプラザ東京』で開催されました。外部の方は参加できない内輪の催し物なので、詳しいことを書いても一般の方は興味が湧かないと思いますので、極シンプルに内容を報告させてもらいます。

感想を一言で言えば・・・懐かしさと楽しさが同居したパーティーでした。
その反動か、今日は少々“腑抜け”状態になっています。40才の年代幅がある約50名が参加者しましたが、小さな学校を母体とし、マジックという特殊なカテゴリーを対象としたクラブが、よく此処まで続けてこられたなぁーと感慨ひとしおです。

パーティーの進行は・・・ざっとこんな感じでした。c0049409_2175994.jpg*代表幹事で司会者の小梅のパパさん(たぬきのはっぱ所属)の挨拶から始まり、今回のパーティーの記念品として特注したタンブラーグラスでカンパイし~暫し会食&歓談。
*サイドテーブルには、たなかまさのぶ氏(奇術古書レッドスケルトンズ店主~但し休業中)が持込んでくれた貴重なマジック書に写真や文献、そしていしけんが持ち込んだ40年間の発表会パンフレット集が展示され、老若マジックファンが覗き込む。
*ちょっとしたゲームで参加メンバーの交流会。
*“できる”メンバーによるサロンマジックの披露会。
*各年代を代表してのご挨拶。
*〆の挨拶。指名を賜り,いしけんが三本〆を行う羽目に。
・・・これにて、2時間のパーティーは無事終了したのでした。

パーティーの打ち上げ後は~
各年代に分散し池袋で2次会、元気な若い衆は行方を告げず3次会へ消えて行きました。家に帰ってみると、記念品の大タンブラーグラスが5個と2個に分かれて、合計7個も持ち帰っていました。(もし欲しい方がおりましたら、プレミア付きで販売します・・)

c0049409_211234100.jpg
c0049409_21141984.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2006-10-01 21:16 | マジック ニュース | Comments(0)