<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

老後に備えて?

“老後”なんて遠い彼方のことと思っていたのですが・・もう指を折らなくても、その峠が望める所まで登って来てしまいました。そこで・・と言う訳ではありませんが、こんなマジック書を買ってみました。

いかだ社発行 藤原邦恭氏著
「大人が楽しむ はじめてのマジック トレーニングBOOK」

c0049409_1264435.jpg割りばし等の日用品、ロープ、ボール、コイン、そしてトランプ を使ったマジック解説が載っています。これらの道具で1日10分のマジックトレーニング~
シニア世代には、手と指先の適度の運動が、末梢神経を刺激するので、健康維持に良さそうです。貴方のご両親が健在でしたら、ご両親に長生きして戴くために、この本をプレゼントしてみては如何でしょうか。

「樹 静かならんと欲すれども 風止まらず」

この本、マジックのコミュニティー教室で利用されそうです。私もリタイアしたら、この本を教材にして、お年寄りを対象にしたボランティアのマジック教室を開こうかしら・・・

■ この本の中で、一番興味を感じたのは“ボール”です。使用するボールは色違いを使いますが、マジックの“タネ”は必要としません。ですから、「四つ玉」用のボールは勿論使用できますが、マジック専用のボールを入手しなくても、ピンポン玉やゴルフボールでもOKです。私は、東急ハンズで購入したゴルフ練習用のスポンジボールを使おうかと思っています。

c0049409_12214110.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-02-24 12:30 | マジック グッズ | Trackback | Comments(0)

YMG主催 「第44回マジックフェスティバル」 ビュー・レポート

c0049409_1672110.jpg今週の月曜日(2/12)、横浜マジカルグループ主催「第44回マジックフェスティバル」を観に、横浜市磯子公会堂へ行きました。
昨年は初めての観ショーにつき、茨城の自宅から会場迄の所用時間が掴めず、開演1分前に到着するという際どい状況でしたので今年は余裕を持って家を出ました。その甲斐あって昼食に懐かしの「蒲田」で降りて寄り道をしたにも拘らず、磯子公会堂には開場の十分前に到着し好みの席を得ることが出来ました。
名門アマチュアクラブのマジック発表会だけに、何れも素晴らしい演技の数々でしたが、個人的に印象に残った演目について、感想を書かせて戴くことにいたします。

「プロローグ」
新人一人を含む4名の方が登場。その中に昨年切れのあるマジックを見せて戴いた山本さんと川原さんが・・・今年は3羽のみでしたが、川原さんの“鳩出し”は何度観てもお見事。
<第1部>
児島さん「コインドリーム」
コインマジックの演技はステージでアピールするのが難しい演目ですが、大きなアクションがステージにマッチしコインの地味さを感じさせなかった。音楽も演技に合った選曲で、ジャンボコインを効果的に使い、ラストに向けて盛り上げて行く演出も良かった。
若山さん「里山の春」
自製の立体プロダクションや袖玉子のマジックグッズは、既製品とは一味違う雰囲気があり、その演技に、題名に相応しい柔らかさを添えていました。
大西さん「妖精たちのささやき」
ミリオンフラワー~シルクの復活~シルクのプロダクション・・・全体を通してのストーリーがあり、とても良かった。白いシルクを使った箇所がアクセントとして生きていたし、ラストのシルク・プロダクションのところで、零れ落ちる小さいシルクは実にビューティフル。そして、スカイブルーのドレスが清楚な雰囲気を漂わせ、シルクのカラフルさを引き立てていました。

<第2部>
中村さん「白の幻想」
“ダンシングハンカチ”のリズミカルなアクションは、お若い時のマジック演技を彷彿させるモノがありました。そしてダンディーなお姿も映えていました。
尾関さん「快刀乱武」
真剣を使った殺陣から何が始まるのかと思っていたら、いきなり藁棒をバッサリ。そしてタンバリンのマジックへ~こう言う奇抜な演技もショーに変化があって楽しいものです。
三好さん「華艶」
妖艶なお姿で登場の女性に見覚えが・・・開演前に場内整理をされていたお姉さまでした。第1部の大西さんとは対象的な魔性の雰囲気が漂い、薔薇と絹で“華艶”なマジックの部屋に誘い込まれる・・・虜になりそうで“アブナイ~アブナイ~”。

*鈴木さん(会長)のマジック歴の深遠さを感じる「「ザ・トランプ」、大トリ・植木さんの気合の入った「ミルク」、そして良質のロープをしなやかに操った関水さんの「Pockets!」~等々書きたい事が沢山ありますが、余り長くなってはと思いこの辺で〆とさせて戴きます。

*この日我が身は、鼻・喉・頭(?)が酷い炎症に侵された風邪引き状態でした。
ショーが跳ね公会堂を後にした時、又一つ“咳”が出て~ショーの2時半は風邪のことをスッカリ忘れてマジックの鑑賞に夢中になっていた自分に気付いたのでした。
・・・・・本発表会のご案内を頂いたスティングさんに感謝!!

c0049409_16103879.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-02-17 16:29 | マジック ニュース | Trackback(1) | Comments(6)

マジカル駄文三題+α

1、マジシャンは毎日トランプを手にしていますが、「フルハウス」や「フラッシュ」と言う言葉を耳にしても、トランプゲームのことが頭に思い浮かばない人がいます。
 ・・<トランプは、ゲームをする道具です!>

2、ワンコインがあれば、薄めの岩波文庫は買えるし、廉価のラーメンが食べられます。でも、新品のそれが手に入ると、嬉しくなって~飛ばしたり、消したりする輩がいます。
 ・・<五百円硬貨は、ハーフダラーより価値が高い日銀発行の流通硬貨です!>

3、タバコ自販機の前で、どの銘柄にしようかと迷っている男がいます。長さは?フィルターの色は?締り具合は?~どうもタールの含有量や味には無頓着な愛煙家のようです。
 ・・<健康のため、タバコの吸い過ぎに注意しましょう!>

*この三人、どうやら同一人物のようです。目撃者がいないので確かなことは分かりませんが、状況証拠から、本サイトの管理人以外にはあり得ないとの結論に達しました。

◆ 葉が厚く気持ちの良い緑色の観葉植物、“金のなる木”の大鉢が家にあります。
原産はアフリカでベンケイソウ科、正式な和名は花月と言うそうです。
いくら今年が暖冬だからといっても、アフリカ産なので冬季は家の中に取り込まないと、直ぐに寒さで枯れてしまいます。その“金のなる木”に花が咲きました。
人の福耳を連想する葉の豊かさとは裏腹に、小さくて、貧相で、注意して見ないと見落としてしまうほどに目立たない白色の花です。
「天は二物を与えず」とでも言ったらよいのでしょうか・・・
それを眺めていたら、人の世のことを想ってしまいました。
小さくも~花は花。近寄って見たら、それなりの美しさを持ち合わせていました。

c0049409_18131271.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-02-11 18:17 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

「第29回KMCマジック発表会」 観覧記

c0049409_22213918.jpg先週の土曜日(2/3)出身クラブの『第29回KMCマジック発表会』を観に行きました。 昨年は雪中行となりましたが、今年は少し北風が冷たいものの太陽の光が眩しい冬晴れの中、隅田川沿いの高層住宅街を抜けて、プロペラ形校舎の母校に到着。 門前の長閑な雰囲気から、ここで“マジックショー”が開催されるのか、関係者の自分でさえ少し不安になりましたが、二階にある「汐黎ホール」に入ると、やっとマジック的な空気が漂い一安心。

出演者は私より四十才も若い人達、且つ私自身~身内の一人ですので、発言の影響を考えるとショーの感想を書く難しさを感じてしまいますが、何も書かない訳にもいきませんので、簡潔にごく個人的な印象を記することにします。

好印象を持った演目は・・・
トップバッターの浅野君の「カードマニピュレーション」
基本技法が確りしていて、ルーティンもすっきり明快。気持ちの良い演技でした。
新人の黒澤さんの「3本リング」
3本リングは盛り上がりの難しい演目ですが、技法が安定していたし表現力もあった。そして表情も一番良かった。(相変わらず“いしけん”は女子学生に甘い?)
大瀧君の「ウォンド」
毎年組み込まれている演目ですが、新しい技法や表現が取り入れられていて、新鮮で見応えがあった。特に太いウォンドの使用は変化があり面白かった。
少々気になったことは・・・
*マジックは“奇抜な事をやる”ものとのイメージがありますが、一つの演目についてのストーリー性も重要です。自然な流れの中での“不思議さ”を求めて行って欲しいと感じました。
*演目数は後2つは欲しいと感じると共に、少なめだった演目の中で同じ素材を扱ったものもあり、ショー全体としてのバランスが取れていない感を受けました。
とは言っても・・・
私に取って、毎年一番楽しみな“マジックショー”なのです。
学生数が千人に満たない小さな学校で、マジッククラブを四十年以上も続けて来られた事に歳の為か感慨ひとしお。また来年、それぞれの成長の姿が観られる事を願っています。

PS
慶応や東大のマジック発表会の記事は、その校名を記しておきながら、身内の場合はイニシャルで表記というのは、フェアでないと言われそうです。隠すつもりではないのですが、この“おうち”を始めた時からの表記を踏襲しています。
このサイト内のコメント記事や外部のイベント情報で、お分かりになる筈ですから・・・明智小五郎の手を借りなくても、貴方の指でその名が探し当てられるイージートリックです?

c0049409_22295552.jpg
c0049409_22481233.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2007-02-05 22:54 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)