<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

“夏風邪”から“ウォルター・B・ギブソン”迄

体調がおかしいと感じたのが火曜日。木曜日には鼻、喉、頭(?)の炎症が酷くなり、会社を休み医者に言ったら“夏風邪”との診断。てんこ盛りの薬を処方して貰うも症状は一向に改善せず、翌日出勤したのが禍したのか症状は更に悪化の一途。この休日は、ぼ~と“夏風邪病人”として過ごしています。

それでも、テレビで世界陸上を観戦したりしておりますが、こういう状態の時って、健康でいることの“ありがたさ”をつくづく感じます。そんな体調の中で、この休日に心の襞に触れたことを少々書いてみたいと思います。

◆ 昨日、朝のNHK番組でドフトエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が最近新訳の文庫本が出版され、売れているニュースを耳にしました。私、文芸書については、入手した本は全て読むといことをモットーにしているのですが、二十代で手にしていながら未だに読み終えていない本がこの「カラマーゾフの兄弟」なのです。序盤の登場人物の相関関係や性格描写が難解で、そこで放り出してしまったのですが、新訳でもう一度チャレンジしてみようかと~!

◆ 昨日から始まった世界陸上。走る、飛ぶ、投げる、と言った単純な競技の観戦~大好きです。400mハードルの為末大選手の0.01秒差の敗退・・う〜厳しいけどそこが面白い。

c0049409_1485219.jpg◆ A4版ハードカバーの「ウォルター・B・ギブソンのカード奇術(上)」を西武デパートの書籍売り場で目にし、何となく購入してから、かれこれ三十年になるでしょうか。そのウォルター・B・ギブソン氏のペーパーバック本『Professional Magic for Amateurs』を先日古書店で購入しました。題を訳すと「趣味人のための玄人跣のマジック」、いやいや「愛好家のための本格マジック」の方が良いでしょう。

その中に、私のカードマジック・ルーティンの二番目の作品にしている「上を向くカード」が、 「Faces Up!」という作品名で掲載されていたのにはビックリしました。実は、この作品の出典が分からず探していましたので、思いがけずルーツに辿り着けて、それだけでも収穫のある本でした。
[PR]
by ishiken55 | 2007-08-26 14:19 | マジック エッセイ | Comments(0)

カードマジックのイントロ考

カードマジックを演じる時、あなたはどのような演目から始めていますか?私の場合、以前は「アンビシャスカード」から始めていたのですが、ここ数年、プロのマジシャンの方がテレビでその作品を多く演じる様になってから、余りにもポピュラーな作品になり過ぎてしまったため、以前は2番目の作品として演じていたポール・ルポール原作の「A Reverse Card Routine 」(高木重朗氏の訳本では「逆を向くカードの手順」)から始める事にしています。

人それぞれ考え方は異なると思いますが、カードマジックを演じるときのイントロ作品について、私の考えを箇条書きにしますと・・・
①カード当てなど、客にカードを選んで貰う客参加形作品は避ける。
②ストーリーが長い作品や、瞬間芸的な極端に短い作品は避ける。
③視覚的に美しく、現象も適度にインパクトを持った作品を選ぶ。
④自分のレパートリーの中で、自信のある作品を選ぶ。

・・・と言ったところでしょうか。

また、これは秘密事項なのですが、私はカードマジックとコインマジックについては、はがきサイズの用紙にルーティンを表すレパートリー名と自分しか分からないキーワードのメモを書き込み、それをクリアシートに入れて、クロースアップ用のマジックグッズと共に持ち歩いています。そして、そのシートをマジックを演じるときの“虎の巻”にしています。

c0049409_2017646.jpgc0049409_20182886.jpgc0049409_20273888.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-08-19 20:39 | カード レクチャー | Comments(4)

ミニクラス会より・・・男のロマン・下剋上の輪・赤い夕日へ

c0049409_929242.jpg先週の金曜日(8/10)、上野アブアブ隣りの 『香港小皿酒家シードラゴン』 に学生時代の同級生6名が集い、ミニクラス会が催されました。そして中国料理を肴に、生ビール、ワイン、焼酎で旧交を暖め合いました。

同級生は三十数名、女人禁制の学校ではありませんでしたが~全て男。出身学科は遠い昔に消滅し、校名さえも昨年に変遷しています。それでも五十代になった頃から3年に一度ぐらいの割合でクラス会が開催され、昨年の夏からは某省高官のI氏が東京勤務になったのを機に、東京在住のメンバーを中心に、3ヶ月毎の週末にミニクラス会が開催されています。

私は茨城在住につき時間的に厳しいため、ミニクラス会には参加した事は無かったのですが、岐阜から航空機の保存に衰えぬ「男のロマン」を傾注しているY氏も参加するとの事なので、昨年知人の子息がお世話になったりしたので、今回は出席する事にしたのでした。
(今回のY氏の上京は、旧海軍の2式飛行艇を航空遺産として残すためとか・・・)

一次会は“2時間飲み放題”のメニューでしたので~飲み過ぎました。翌日は夏休み初日でしたが完全な二日酔い状態、無為な一日を過ごしました。(“飲み放題”にはご注意を!)
2次会では、更にディープな“男のロマン”話が飛び交う中、通勤鞄の中にそっと忍ばせておいた~宝石パドル、五百円硬貨、タリーホー・トランプとテーブルクロスを取り出し、凡そ四十年振りに、旧友たちの前で暫しの時間クロースアップマジックを披露しました。

そうそう、自製マジックグッズの「下剋上の輪」もソフトケースに2セット入っていたので、自身で演じてから、家に持帰りご家族を楽しませて戴けたらと思い、二人の友に供しました。
ところで、作品名「下剋上の輪」はシニア世代には刺激的過ぎますので、これからは「男女のシーソー」と呼ぶことにしたいと思います。(なお、「下剋上の輪」の解説は、このおうちの2005年4月2日付けの記事を参照ください)

◆ 今回ミニクラス会に参加するため、勤め先を一時間早退して東京に向いました。6時に上野駅に着き「パンダ橋口」から駅舎を出ると、右手方向に上野の杜が広がっていました。ちょうど赤い夕日が杜の中に沈もうとしているところでした。その質素な輝きの姿に美しさを感じ、思わずカメラのシャッターを押しました。“杜に沈む小さな赤い夕日”~それに自分をダブらせたと言ったら、ちょっとキザ過ぎるかも知れませんね。

c0049409_9312676.jpg
c0049409_933886.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-08-14 09:39 | モノローグ | Comments(2)

アロハオエ~

c0049409_22564931.jpg光陰、矢の如し・・時は永いようで短く、遅いようで速いものです。目の前に最後の夏休み?がやって来ました。さて・・その夏休みをどう過ごそうか?と思案しているところです。

*偶にはハワイに行った積りでウクレレでも弾いて気分転換~
*それとも、野鳥や野の花を求めて、ふらっと“小旅行”~
*いやゞ、この際深い眠りに就いているマジック書とご対面~
*そう言えば昨日マジック洋書もアマゾン川から漂着したし~

やはり・・日頃の疲れを癒すため“ノンビリ過ごす”のが一番。
c0049409_2344560.jpgps
◆ ペーパーバックのマジック洋書を買う毎に思うのですが、日本で出版されているマジック書と比べると実に廉価です。
 「Self-working Coin Magic」 は 858円、
 「The Art of Magic」 は1,514円 也。
前書は挿絵が盛り沢山で~読むのに時間が掛りそうですが、百年の歴史を有するクラシックマジック書の名著でもある後書は、挿絵が数枚しかないので~簡単に読み終えてしまいそうです・・ん?

アロハオエ~は、ハワイの代表的な民謡で「さらばあなた~!」という意味だそうです。ウクレレは小6の時、少女歌手だった田代みどりさんがウクレレを抱えた姿に憧れたのが伏線で、デパートの楽器売り場に“山なり”に置かれていたウクレレと遭遇し親に買って貰ったのが最初の出会いでした。でも、半世紀後も・・・そのウクレレ、満足に弾けません。

◆ 久々に花の写真をアップ・・梅雨空の時期から橙色の花を付け始めたサンタンカです。 冬は部屋の中に取り込まないと、寒さで枯れてしまいますが、暖かい季節は何も手入れをしなくても、絶え間なく花を咲かせる逞しい小木です。

c0049409_23213610.jpg
c0049409_23234944.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-08-08 23:31 | マジック エッセイ | Comments(0)

<ショット&キャッチ> でカードマジックに遊び心を!

カードマジックを始めるとき、ケースからデックを取り出して、貴方は最初に何をしますか? いきなり「カードを一枚お取ください!」ですか? それでは遊び心が乏しくありませんか? では、一つ良いことをお教えしましょう。それはカードマジックを始めるときに行うと、観客にとても洒落た印象を与えてくれるカードフラリッシュ 『ショット&キャッチ』 です。

私は、マジックを始めた直後に、これをトアル先輩から教えて頂きました。でも、意外なことに・・その後このアクションを行うマジシャンを見掛けたことがありません。簡単でありながら、見映えのするこのカードフラリッシュをマスターして、遊び心を併せ持つカードマジシャンとしてデビューしてみては如何でしょうか。

アクションの概要
カードケースから取り出したデックを、テーブルの手前側にその1/3程がテーブルの外に出るように置きます。そして右手の甲でそのデックを上方に打ち上げると、デックは一回転した後、右手の指先に、きちっと納まります。

アクションの解説
①カードケースから右手でデックを取り出し、それをテーブルから1/3ほどが外に出た位置に、乱れがないように注意して~何気なく置きます。 [写真 上]

②テーブルから飛び出しているデックの下に右手の甲を近付け、人差指、中指、薬指の三指の指先でデックを上方に打ち上げます。 [写真 中]

③デックが空中を一回転した時、右手親指と三指でそれを掴み取ります。[写真 下]

ps
いきなり解説通りのアクションで行うと、カードが宙を舞い悲惨な状況となります。9割以上の成功率になるまでは、カードをデックから取り出さずに、ケース入りの状態で練習してみてください。2,3日練習すれば、解説通りのフラリッシュが出来るようになると思います。

c0049409_234304.jpg

c0049409_23305638.jpg

c0049409_23334748.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2007-08-02 23:42 | カード レクチャー | Comments(0)