<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

半分のカードから

c0049409_2052719.jpg東京堂出版の高木重朗氏著『カードマジック』の中に、2分割のカードを用いた作品ニック・トロストの一致する半分のカード」が掲載されているのは、スルーに近いながら記憶の端に残ってはいたのですが…1年半前に所属クラブの方のレクチャーでこの作品に触れ、通常のカードの一致よりインパクトが数段強く感じました。その時ハサミで切ったカードを家に持って帰った事を思い出し、探したら現品が出て来ました。これなら11人分がダイソーのジャンボカード2組で製作可能だと~ほくそ笑む。

今月のカードマジッククラブの“おまけグッズ”「色変りボールペン」だったのですが、原価は大したことはないものの、工程上インクが詰まった部分をカットしなければならず、手にインクがべっとり付着し、それを落とすのに一週間を要し往生しました。製作前は容易に思えても、手ごわい場合があるので油断はなりません。今回は最初にダミー用カードをハンドカッターで正確な寸法に切り、それを当て紙にして順次グッズ用カードを大型ハサミで裁断する算段。

c0049409_20144525.jpgこのセルフワーキング作品~6×2=12枚がベストなのだろうかもう少しシンプルな手順に出来ないのだろうか類似作品はないのだろうかなどと想いが巡り、頭を捻り、手持ちのカードマジック書の棚を、“こませ”を撒き散らせつつあれこれ探ってみましたが、釣果は皆無。そんな最中、テンヨーの邦訳本『ターベルコース』が絶版になったことを知り、書物によるマジック習得時代の終焉の象徴のように思え、複雑な思いに・・・。
≪追伸≫
私の「半分のカード」の調査は、江戸300藩に例えれば、徳川御三家‐水戸藩(35万石)のみを徘徊した程度であり、それなりの作品が世上に存在するものと推測されます。一例として、著者ご本人から教えて戴いたのですがPHPエル新書の中島弘幸氏著『大人のマジック』にはAldo Colombini 原案の「偶然の一致」が掲載されているのを知りました。この原理を流用、カードを2枚増やして「新8スーツ」にならないかと、好物の水戸だるま納豆を練り回し中です。

c0049409_2031186.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-01-31 20:27 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

母校の「第32回マジック発表会」へ

c0049409_1864223.jpg一昨日(1/23)は母校・奇術部のステージマジック発表会を観に隅田川岸‐汐入の産技キャンパスへ。母校とは言っても、学んだ学科は遠の昔に無く、立地場所が移り、某都知事の一声で校名も基組織も新しくなっています。今回は発表会の直前にアアクシデントが重なり、上級生不在で発表会を行うとの情報が耳に入り、果たしてショーとして成り立つのだろうか?との思いを抱きつつ…開場時間の四時ちょうどに汐黎ホールへ到着しました。

ショーは1部構成8演目、1時間に満たない発表会は過去31回中最少最短。学外で発表会を行っていた頃から考えれば半分のステージ。観客の方も疎ら、こちらも最少を更新した模様です。また、スゴイ!と思える演技も無かったのですが、さりとて夫々の演者の一所懸命さは伝わって来て、次回への希望の芽は感じ取ることが出来ました。一学年150人程の学校の小クラブには、その年毎の浮沈は付きモノです。毎年約4%もの学生が入部(OB・OGへは半数)するマジシャン密度の高い学校は他には無いと思いますし、それが半世紀近く継続している事に、若い関係者は伸びらかに誇りを持って支援して行って欲しいと思っています。

★演目は・・・
フラワー・シンブル・ロープ・リング・四つ玉・ダンケン・パラソル・ディスク
学生の定番≒カード・ウォンド・ゾンビ・ハト・セイロ辺りが無いのはやはり寂しい気も。各演技に良否は付け難いのですが、好印象の演技を2つ挙げるとすれば~猪山くんの「シンブル」と南部さんの「パラソル」になるでしょうか。このクラブ初学外発表会開催3年前の文化祭ショーの演目をチェックしてみました。ロープピラミッドコーンとボールタンバリンミルクとビールミリオンカード&ハトシンブル四つ玉シルク&フラワーゾンビ&ケーンセイロの11演目。40年前と現在では、銀河系の移動の如く微妙に変化しているのが読み取れます。
c0049409_18115580.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2010-01-25 18:31 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

一世紀後の「グライド」考

私がカードマジックを始めた頃の解説書や雑誌にグライドはカードの1技法として取り上げられてはいたものの、そこには古い技法(古典的なテクニック)との一文が書かれていたように思います。そのような経緯から、新しいモノのみを求めたがる当時の浅薄な若者は、グライドを使ったカードマジックには殆ど目を向けず…そのまま半世紀近くが過ぎました。

昨年来、初心者の方を対象にカードマジックを講習することになり、カード技法としてグライドを取り上げるべきか否か思案しつつ、現代の代表的なカード入門書を調べてみたら…
東京堂出版刊 高木氏のカードマジック」「気賀氏のトランプマジック」「カードマジック辞典」「カードマジック入門辞典、テンヨー刊 ジェニングスのカードマジック入門の何れもページを割いてこの技法の解説を載せていて、今もグライドは捨て去られていないことを知りました。

思えば、S.W.Erdnase著『The Expert at the Card Table』に"The Slide"として取り上げられているこの技法、それから一世紀。フォース・コントロール・スウィッチと言ったグライドより遥かに優れた技が考案されているので、その用途では後テクに譲り、今後はパケットトリック時の持ち手優美なグライド・ポジショとして生き残ることでしょう。今回グライドについての拙稿記念に、グライドを用いたシンプルなマイアイディアを掲載しておきます。

≪屋上に駆け上がるキング≫
【現象】 デックのボトムより地上に降立ったハートのキング。その上に1階から4階までのカードが置かれると、高い所が大好きなキングは、いつの間にか屋上に駆け上がっている。
【準備】 デックのボトムにのキングを置いておく。他の好みのカードでも可。
【ルーティン及びシークレット】 (写真は一項目ずつ順番に対応)
①左手にデックをグライドポジションで持ち、ボトムののキングを客に示す。
②左手を元に返すと同時にグライドを行い、右手でボトムから2枚目のカードを抜いてテーブルに横向きに置く。(右手は人差指を使い、左手のボトムカードは引いたままに~)
③即デックの半分程を右手で取り、テーブルのカードの上に1階と言ってカードを載せる。
④更に残り2/3を、その次はボトムを除く全カードを右手で取り、2階、3階と言いつつ③項のときと同様に、テンポ良くテーブルのカード上に載せて行く。
⑤残りのカードが一枚であることを客に覚られぬように、4階と告げて載せ置く。
⑥右手でテーブルに積み上げられたデックのトップカードを表に返し、地上にいた筈ののキングが、ビル(又はお城)の屋上に駆け上がっていることを客に示す。

c0049409_16534034.jpgc0049409_1655918.jpgc0049409_16562091.jpg

c0049409_1775840.jpgc0049409_17125096.jpgc0049409_17165661.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-01-18 17:27 | カード レクチャー | Trackback | Comments(0)

カードはカットが命?(マジシャンズクラブの新年会から)

一昨日の土曜日(1/9)の昼下り、マジシャンズクラブの新年会に出席しました。会場は昨年と同様、有楽町駅前の電気ビル北館20F・日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)。60名ほどのメンバーが集まり、新年の挨拶、表彰、余興と会食、そしてオークション等が行われ、新春の楽しいひとときを過ごして来ました。

私いしけんも最近は老人扱いされる場面に度々遭遇し、戸惑いと共に若き昔日を懐かしんでおりますが、このクラブではまだまだ青物市場のフレッシュマン?…折角の機会なので出席された先輩方とマジックの話を色々させて戴き、その間にビール・ウイスキー・赤ワイン・白ワイン・ラストはウーロン茶まで確りと頂戴しました。そうそう頂戴したと言えば、昨年の例会と研修会の皆勤賞としてインデックスが大きいオールド・ジェントルマン仕様のバイスクルを三組も頂戴しました。家に帰り早々にカードの封を切ってカット(意匠)をチェック。数字や文字が大きいと言うのは、高齢化社会には確かに意味のある事に思えて来ました。

もう一つ新しいカードを弄っていての思いは、最近のカードの切断面に鮮鋭さが無いことです。(技量落ちも一因ですが)ワンハンド・リフルシャフルを行う時それを強く感じます。2ヶ月前に元プロマジシャンの方から聴いた話では、プロデュースに携わったCLUB ANGELのカードは表と裏の両面からカット(裁断)を行っているそうです。手持ちをチェックしたところ、バイスクルやタリホーよりエッジのシャープさは確かに優れています。商品はデザインと品質と価格が勝敗を決定付けますので、今後の日本製カードの動向に注目しています。

また、新年会で昭和二十年~四十年代に掛けてのマジック古書を若干冊お譲り戴きました。その中に『パス』と題する小冊子。ジャパンカンジュラスクラブ刊、高木重朗氏筆、但し発行の日付がありません。どの様な雑誌か知りたく、ネットで検索をしたら、LILLIPUT氏と今井氏のサイトで一部が収集図書として掲載されていました。しかし双方共出自の記載はありません。その後ボナ植木師のサイトで、この小冊子の製版は力書房との記載が見つかりました。でもそれ以上の情報は今のところ皆無。書を眺め~その文面から~時代背景を推測し~出処を探るのも~マジック古書の愉しみ方の一つです。

c0049409_15171745.jpg
c0049409_15204150.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-01-11 15:40 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

賀春(新年のご挨拶)

新年 あけまして おめでとうございます。
c0049409_21173247.jpg本年も週一以上の更新を目標に“おうち”を運航して行きますので、ご愛読よろしくお願い致します。新年も既に4日目、思えば正月の三箇日マジック絡みのTV番組には出逢いませんでした。この状況~マスメディアでは一時のマジックブームが沈静化した現れでしょう。でも自分の周辺を眺めてみると、マジックを趣味にされる方は確実に増えています。今年もこの場を通し、蟻さん程でも良いのでマジックの裾野の拡大に寄与出来ればと思います。

私の所属する東京アマチュア・マジシャンズ・クラブ(TAMC)の現会長・坂本圭史氏は、マジックの趣味としての楽しみ方には、次の六つのジャンルがあると仰っています。
①演ずる.  ②見る.  ③創作する.  ④探求する.  ⑤コレクション.
そしてもう一つの素晴らしい部屋は…⑥マジックを通して人と交わる事.

この言葉を伺ったとき、「なるほど~!」と思いました。私‐いしけんも、この年明けでマジックに関わり始めてから早46年目。でも、その間コンスタントにマジックを演じて来た訳ではありませんし、マジックを見るのは年に2回という状況も長く続きましたし・・・。
今年は最近疎遠の“創作”に力を入れようかと。(但し、公約ではなく願望です)

写真は、日本有数のカードコレクター坂本氏に対抗しているのではありません。新年の飾り付けに、過去に使い切って処分したファンカードのエキストラ分を並べてみただけです。
c0049409_21253440.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2010-01-04 21:32 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)