<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

能楽師に変身…!?

今週日曜(7/25)は『能楽に親しむ会』の最終回、能楽師のモデルを務めました。
前週の帰り際、能楽師の先生から用意して欲しい旨を云われたのは次の三点です。
 ① 和服用の足袋  ② 長袖のTシャツ  ③ ジャージーのパンツ

足袋…「千円程で買えます」と云われたけど、「三十数年前に和服を誂えた時のがある筈」と思い、探したら出て来ました。相変わらず物持ちの良さは超人的。それを履き能楽先生の前にしゃしゃり出たら「能では通常白足袋を使い、黒足袋は用いません」と。聞いてないよ~。

長袖Tシャツ…半袖のTシャツは数枚持っていても、メタボ腹が目立つ長袖のTシャツなど持ち合わがありません。似たところで、洗濯済みの長袖の丸首下着で代用することに。

ジャージーパンツ…本当はステテコで良いのに、女性の参加者が六割方につき。

昨年五月に世阿弥の「風姿花伝」を読み、今年二月に杉並能楽堂で大蔵流の「狂言」を観て、今回は金春流の「似非能楽師」、この先古典演劇の俄ファンは何処へ。七百年越のお能の世界、男が女性に扮するところから面(おもて)を着けたのでしょうが、面の角度で心を表現するってスゴイです。上がり症を抑えるには面を着けてマジックを演じる手もあるかなぁと~。でも、眼部からの視界はほんの僅かなので、舞台上にを落としたら…拾えません!?

c0049409_13125115.jpgc0049409_13215280.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-07-31 13:25 | モノローグ | Trackback | Comments(0)

昨夜は初のマジック・バー“サプライズ”

c0049409_15534174.jpg猛暑のさ中、昨夜は上口龍生氏が経営されている赤坂見附駅前のマジック・バー「サプライズ」を初めて訪れました。クラブのメンバーを始め、マジック愛好家にお勧めをしておきながら、自分は行ったことが無いという~政界もどきの“ねじれ現象”を、辛うじて半歩解消する事ができました。

『百聞は一見に如かず』白を基調としたテーブルと椅子が明るいイメージを醸し、小さいながらとても良い雰囲気のお店でした。アリスさんに秋元正さん、そしてオーナーの龍生さんにクロースアップマジックの翡翠を楽しく見させて頂きました。当方酔いが回った?訳ではないのに、途中でお酒の入ったグラスを倒すやら、手渡されたトランプを床に落とすやら、粗相の連続~田舎者には全く困ったものです。でも、多分また行きたくなるバー「サプライズ」。

c0049409_165285.jpg一番乗りでお店に入り、早く退散したつもりでも、帰宅は暦が替っておりました。ゆっくり寝れれば何ということはないのですが、今朝は早くから盆踊りの準備に駆り出され、先週書き込みをした自筆の縦看板にビニール掛けをし、それを担いで町内の路地への設置作業へ。炎天下での無償労働は宗教的な行動に思えたりして…。

今夕は来週開催される市主催の夏祭りパレード踊りの練習に行かねばなりません。盆踊りといい、夏祭りといい、日本人はどうしてこうも暑い盛りに敢えて汗をかくことをしたがるのでしょう。なお、明日の午前中は能楽師の衣装を纏うモデルになります。貴重な体験なので写真を撮らせて頂ければ次回の記事でアップしたいと思います。

c0049409_1636462.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-07-24 16:46 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

ポスト印象派の絵画と~能・狂言~古典カードマジックの≒共通点

一週間前に国立新美術館にて開催中の「オルセー美術館展2010」を観賞して来ました。土曜日であることも相まって、展示フロアーへの入場までに並ぶこと40分、押すな押すなの会場内で名画を観賞した時間は30分。日本人の“芸術好き”には驚きを覚えます。モネ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ルソー・・・“生”は矢張り素晴らしいです。モネは印象派ですが、ポスト印象派の絵は実に個性的、特にセザンヌの“静物”の輝きに酔い痴れました。複写絵の酷さを感じつつも、気に入ったポストカードを記念に4枚だけ購入する。

先週の日曜日から地元で開催の「能楽に親しむ会」に参加しています。シテ方金春流能楽師による3回講座、謡を唸ったり~能面を着けさせて貰ったり~して、中々おもしろいです。能の歴史の講釈の中で「いしけんさん、世阿弥が残した書は何でしょうか?」と突然問われたので、即座に「風姿花伝です」と返答。答えられないことを期待して?名指しをした感じでしたので「やったり」とほくそ笑む。でも「一年前に読んだばかりです」とは言わず仕舞い。能楽師は日本の伝統演劇“能楽”を、義務教育で教えないことを盛んに嘆いておりました。

一昨日(7/16)開催の地元「カードマジッククラブ」、7月度の主題は“カード当て”でした。主にキーカードを用いた作品を取り上げたのですが、講習中に講師自身が3回も取り出すカードを間違えてしまいました。1回はキーカードの覚え間違い、後の2回はキーカードの上か下かで間違いました。「皆さん、キーカードはジョーカーなどの覚え易いカードにしましょうね。またキーカードがボトムとトップでは客のカードの位置は異なりますので十分注意しましょう!」いやはや、締りのないお抱え講師なのであります。

今回、“カード当て”の中に「26枚目のカード」とポインターカードを用いた同一現象の作品を取り入れてみました。参加メンバーは後者が大層気に行ったようです。理由はキーカードを覚える必要がない事 三つの山全てを客にシャフルさせられる事 客のカードを抜き出す時にカードを数える必要が無い事。一週間前に東京のクラブで~ある方がこの作品に触れておりましたので、試しに演じてみたというのが真相です。「26枚目のカード」は柴田直光氏著『奇術種あかし』に記載されている作品で、原作はヒュガードとブリューの共著『The Royal Road to Card Magic』の中に「The Twenty-Sixth Card」名で掲載されています。

ポスト印象派の絵画と~能・狂言と~古典カードマジックの≒共通点は?
  ・・・『その場の空気を楽しむ!』 ゆとりの精神かも知れません。
c0049409_15312457.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2010-07-18 15:32 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

遅ればせながら“iPad Magic”について

4月末、動画サイトYouTubeに登場したサラリーマンマジシャンの内田伸哉氏による “iPad Mgic”。1ヶ月半が経った現在、再生回数は250万回というから人気の程が窺えます。

「人にモノを伝える手段としては、その昔…ノロシに始まり、その後…文字・本・写真と変化して来た。今後どのようになるのだろうか~」と語りつつ、次から次へと繰り出されて行く現実とパーチャルが交差するマジックは、iPadという新型情報端末をいち早く取り入れたことに価値があり、さりげないシチュエーションとクールな演技についても~お見事の一言。

ネットへの掲載以降、テレビや新聞でも取り上げられ、通常はテレビのバラエティー番組を殆ど見ない偏屈者も、「アッコにおまかせ」「HEY!HEY!HEY!」を拝見しました。テレビ出演に当たっては同じ演技は行わず、番組毎に内容をアレンジする姿勢もご立派です。

あれっ?やけに内田氏を誉めそやすじゃないか~と訝しく思われる方、それは邪推と言うものです。ところで我々はあの映像をパソコンの画面で見ているので、バーチャル二重構造とも言えます。矢張り生で見たくなりますね。私いしけんにはその機会が何れ訪れる予感が…。
c0049409_1528866.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2010-07-11 15:34 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

地元書店における「手品・マジック本」置き場の考察

自分の住む小市周辺は、今流行りの古書チェーン店を除くと、独立店舗の書店がありません。大型スーパーや家電量販店に併設された書店が全てと言ってよいでしょう。そういうお店に立ち寄った時にも、東京堂出版から発行された新本の入荷が期待できる訳ではないのに、マジック書のコーナーを覗く癖が身に付いてしまっています。今回はその市内パトロール?から得られた「手品・マジック本」の置き場について考察します。

手品の本は手話の本の隣に並べられ、時にはシャフル状態の場合がある。
 <手品と手話は見間違い易い文言。しかも共通したイメージが漂う>
手品の本がご婦人御用達の手芸図書の中に紛れ込んでいる現場も散見。
 <手品と手芸の関係は男女の仲のようなモノ、遠くて近き手芸品>
マジックの本が、マージャンのコーナーに堂々と置かれている場合がある。
 <例;藤山新太郎氏著「そもそもプロマジシャンというものは」が…>
マジックの本が、“鉄ちゃん” 関連のコーナーに置かれている場合もあり。
 <例;土屋理義氏著「マジックグッズ・コレクション」が、なぜ故に?>

※考察の信憑性を高めるため、証拠写真を撮りたかったのですが…店員さんに怪しまれた時の言い訳が思い付かず…断念。代りにワイン醸造所の葡萄を盗撮!?
ところで、半世紀以上前『奇術種あかし』 『社交奇術』 『奇術研究』 『シルク奇術入門』などの本に使われていた奇術という言葉、現代の「手品・マジック本」の題名としては死語になってしまったようです。今敢えて~この“奇術”を題名に使うとインパクトがありそうナ~044.gif

c0049409_1362076.jpgc0049409_1372890.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-07-04 13:15 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)