<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年の記事…<10選>

一身上の事情により最近記事の更新が停滞しています。こんな状況が暫く続くかも知れませんが、従来のペースに戻すべく努力しようと思いますので、来年も引き続きご愛読よろしくお願い致します。さて、今年最後の記事は恒例の“10選”にて〆たいと思います。

(1/30) 半分のカードから
今年は半分のカードに拘った一年。別れた2枚が時を経て出逢う感動は格別です。
(2/6) 久米正雄の『手品師』より
大正期の歓楽街は手品興行が盛んだった様です。その後の百年は地方振興開拓史。
(2/17) YMG主催「第47回マジックフェスティバル」へ
今年は希少のマジック観賞、ベストセレクトは個人技が光ったこのショーに決定。
(3/22) 「サーストンの三原則」誕生の新事実
1937年(昭和12年)に刊行の当資料を拝見した時、一瞬身震いさえ覚えました。
(4/18) 「MAGIC BOYS ~マジシャンたちの肖像~」
母校が閉校した直後に出版された本。そこに自らの青春が薄ら浮かんでしみじみ。
(6/27) いしけんの“エスカレーターカード”
マルローの名作エレベーターカードのパロディーに非ず。茨城人のマジメ?な一作です。
(7/24) 昨夜は初のマジック・バー“サプライズ”
この所プロの方との交流が少ない中、上口龍生氏絡みの記事は今年5回で断トツ。
(8/27) UGM~初訪問
かのファンカードが再販売されて思わずゲット。“四つ玉”を演じられた事も歓びでしたが、当日まで知らなかった“隠し玉”は至福の出来事。
(11/22) 「素ボールレクチャー」・・・≪その1≫
“純粋ボール”を用いた自の技法を解説しようとスタート⇒今後に~乞う!ご期待?

c0049409_14515674.jpg「石の上にも三年」という諺がありますが、写真のダルマさんは41年前の大晦日、信州のとある神社に除夜の鐘が鳴る頃訪れて買った物です。その後書棚の中でじっと座り続けて来ました。先日そのダルマさんに郷里の兎さんの手で目が入りました。ダルマさんの辛抱強さにあやかり、これからも諦めることなくチャレンジ心を持ってマジック道を歩んで行こうと思っています。
[PR]
by ishiken55 | 2010-12-30 15:00 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

カズ・カタヤマ氏と藤原邦恭氏のマジック書

今年はマジック書の購入を控えようと思いつつ、気が付けばそれなりに買い込んでしまった感があります。購入してから失望する本もある中で、事前に中身を見なくても期待を裏切らないマジック書の著者は、躊躇なくカズ・カタヤマ氏と藤原邦恭氏と言えましょう。

カタヤマ氏の本は東京堂出版の3冊とナツメ社の1冊がメインで、チェックしたい時にいつでも見られるよう手の届く所に置いています。先日カタヤマ氏とお会いする機会があり、「カズさんの本はどれもハズレがないですね」と申し上げたら、「最近は映像で手品を覚える人が多く、本はあまり売れないのですよ」と嘆いていました。本でマジックを覚える時代は昭和の余韻と共に過ぎ往くのかも知れません。写真左はその折りに千八百円で入手した小冊子です。

藤原氏の本は一見子供向けに思われがちですが、内容は大人にも魅力のある独自路線を貫いていて、マニアックな創作ではなく、あくまで実践的である所が素晴らしいと思います。今回いかだ社から新たに出された本は写真右の『笑劇!教室でできる10秒マジック』(税別定価;千八百円)。DVD付となっているのはこの時代を象徴しているのでしょう。そう言えば~私の素ボール手順には、カタヤマ氏と藤原氏のマジック書から各半技を取り入れています。

c0049409_18583539.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-12-19 19:00 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

竜巻が襲った龍牛の地にマジック界の龍が生出演

先週の金曜日(12/3)は地元カードマジッククラブの活動日でしたが、日本列島を豪雨と強風が通り抜けていたために、自習会の出席者は過去最少の半分以下でありました。市内の会員さんからは「いしけんセンセのちいさいおうち吹き飛ばされてない?」との電話があったり、遠方の静岡・竜町からも「あなたの所テレビで竜巻が襲ったと言ってたけど、体大丈夫~?」と気遣いの電話があったりで、僅か数百メートルの近所にて屋根や車が飛ばされる大事が起きているのを夕刻まで知りませんでした。そして、その後車で5分の龍の町の大型スーパーに買い物に行ったら、翌日マジック界の龍が当地に襲来することを知ったのです。

ということで、翌日の12月4日某大型スーパーの特設ステージで開催されるプロマジシャンの上口龍生氏によるイリュージョン・マジックショーを観に行きました。上口氏は赤坂見附駅前の『マジックバー・サプライズ』のオーナーマジシャンです。先日開催された阿佐ヶ谷ライブハウスでのサプライズ・メンバーによるマジックショーを観たいと思いつつ、田舎住まい故スルーしてしまった経緯もあり、ラッキーな30分のプレゼントでありました。アシスタントはサプライズのさちさんでもアリスさんでもありませんでしたが、とても可愛らしいお嬢さんでしたよ。四日前に購入した著書にサインまで所望した地元民の図々しいオジさん一人を見っけ!

なお営業のお仕事につき写真は控えましたが、家に帰り上口氏が演じた演目をメモにしてみました。頭と中とラストにイリュージョン系を配置していて、繋ぎの演目は主にスライハンド系で構成されていた事が読み取れます。その中で興味を持って拝見したのが「リンキングリング」と「袋玉子」です。どちらも自分の来年度のテーマにしようかと考えていた演目でしたので良い刺激になりました。リングはシンフォニータイプの6本でしたが、ウイスキーは~シングル3杯か、オーソドックスにダブル込み6杯か、それともトリプルで一気飲みか~悩み所です。

c0049409_12122922.jpgc0049409_1210196.jpgc0049409_1216582.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2010-12-06 12:29 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)