<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

M書の引っ越し

c0049409_16431641.jpg先月の中旬に28年間住んだ家から、新しい家に引っ越しをしました。ものごごろが付いてからの引っ越しは、(同じ場所での建て替えを除くと)今回が三度目になります。引っ越しで一番手を焼いたのは書物です。かなりの本を処分しましたが、それでもダンボール40箱ほどの書籍を運びました。

新居の2階に“仕事部屋”と称する一室があり、そこに「文芸・生活・仕事・趣味」に分けて本箱を置きました。一番古い本箱は“文芸”用で40年以上前に初めて俸給を頂戴した時に丸井の月賦で買った品物です。そして一番新しい本箱は引っ越しに併せニトリで買った“趣味”用です。百科辞典と美術全集を入れるのが名目上の目的ですが、空いた箇所はM書で埋めました。

「奇術研究-全冊」 「不思議-全冊」 「パス-大方」 「ターベルコース-全冊」 「グレーターマジック-3冊」その他単行本や洋書等もろもろ・・・。自分で苦労して手に入れた書も勿論ありますが、友人や知人のご好意で拙宅に鎮座している書も多くあります。本箱に収めたのは良いとして、これらの書を殆ど活用していないことを“漂着物”を前にして今更ながら自覚した次第です。この一年で体重は十キロ、ウェストは十センチ落ちた自分の体。無駄な贅肉の削ぎ落としは重要であることを悟った身としては、M書にも何れ適用しなければいけないのだろうな〜と、“仕事部屋”で引き締った(萎んだ?)腹を撫でつつ、昨夜まじめに考えました。

c0049409_16502234.jpg“趣味”の書棚の中で、このおうちの記事を読まれた方に推奨できそうな読み物系のベスト本一冊を選ぶとすれば、私は迷うことなく〜作品社刊 日本の名随筆(別巻7)泡坂妻夫編「奇術」〜を挙げます。Mを趣味とされていない方にもお薦めです。考えてみれば・・・直木賞作家でもあり、こよなくMの世界を愛された泡坂妻夫さん(厚川昌男氏)が亡くなられてから、もう早三年以上が過ぎたのですね。
[PR]
by ishiken55 | 2012-05-17 16:58 | マジック エッセイ | Comments(3)