<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ロバート・サブダのしかけ絵本「不思議の国のアリス」

「不思議の国のアリス」の原作者は英国人のルイス・キャロルだそうですが、この児童小説(1865年刊)を“しかけ絵本”にしたのがロバート・サブダです。もう7、8年前になるでしょうか・・地元の書店でサブタの『とびだすしかけ絵本・不思議の国のアリス』を見かけました。アリスのストーリーを知らない自分ですが、最後のページを開くとトランプの札が立体状に立ち上り、その見事な出来栄えに圧倒された記憶が残っています。

先月のTAMCの例会で、阿部氏が不思議本蒐集の解説の中でこのサブダの絵本を紹介されました。「カード当てマジック」で客の選んだカードを出現させるのに使えるなぁ~と思い、ネットで調べたら4千円ほどで販売されているのを確認してはみたものの、具体的な利用方法が頭に浮かばず・・行動計画はここ迄でストップ。最近、記憶力と想像力が頓に衰えているのを感じています。そんな折に「介護保険の被保険者証」が市から送られて来ました。タイミングが良すぎます。

≪追伸≫ (2013.07.22)
サブダの「不思議の国のアリス」の最終ページが、“手作りキット”として1,365 円(税込)で大日本絵画から発行されていることを知り、アマゾンで注文したら翌日に現品が到着。これで使い方のイメージが即膨らむと思いきや、完成させるには相当の工作が必要なようで、何時仕上がるかは、稀勢の里の横綱昇進と同じように・・見通しが立ちません。


c0049409_10472053.jpgc0049409_928159.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-07-17 10:49 | マジック エッセイ | Comments(2)

「トレーシングペーパー」を使った即席マジック

トレーシングペーパーと言う用紙をご存知ですか? 工学系出身で50才以上の方なら使ったことがお有りだと思いますが、若い方はご存知ないかも知れません。企業での設計図面のコピーが透視式からゼロックス等の普通紙複写式に代わったのは30年以上も前になるでしょうか。それ以降製図用紙として使用されていたトレーシングペーパーは、一部の用途を除き急速に見られなくなりました。

そんな運命を辿ったトレーシングペーパーですが・・先日所属するマジッククラブ(TAMC)の東京文化会館での集まりで、レクチャー担当のMさんが、桜の花びらを模した紙片を手のひらに乗せました。すると~その“花びら”が、不思議にも周りから内側に徐々に蕾んできたのです。当初手のひらの熱によるのかと考えましたが、“種”はトレーシングペーパーの湿度の影響なのだと教えらえました。

素材の性質を利用した即席マジックとして、とても面白いと思いましたので、ご紹介すると共に、桜の花びら以外にも色々応用出来るのではないかと思います。これは蛇足ですが、私・いしけんは自宅二階の仕事場と称する部屋に、これも今時珍しいミニドラフターを昨年から置いています。そして方眼のトレーシングペーパーを日常用いていることを、遅れ馳せながら~記事を書きつつ思い至ったのでした。

ネットでトレーシングペーパー販売会社の≪使用上の注意事項≫を見つけました。
「この用紙はナチュラルトレーシングペーパーのため、空気中の湿気を吸収し易い性質を持っています 。そのため出力機に設置したまま放置致しますと、湿気を吸収して波打ち状の皺が発生し使用出来なくなる場合があります。」

c0049409_910838.jpgc0049409_95262.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-07-01 09:20 | マジック グッズ | Comments(3)