<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「Crossroad~Transit」へ行く

c0049409_2237449.jpg一昨年は東日本大震災で中止になり、昨年は自分の都合で行けなかったので、8月18日(日)に二年ぶりにCROSSROADを観に行きました。今回の会場は地下鉄の人形町を下車して5分の所にある日本橋公会堂。外観はその昔使用した赤坂公会堂(今は無い)を一瞬思い起こしましたが、中は感じの良い四百席ほどのこじんまりしたホールでした。10列目の左端で観賞したのですが、会場は傾斜が強く、全体に上から見下ろすイメージで、演者はホールにより観客の目線を考慮する必要を感じました。

前置きはさておき、出演者の中から印象に残った4つを取り上げることにします。
ぴーこさん(東洋大) ; 「ダンシングケーン」
昨年の秋連で拝見していますが、新しい技を取入れ、気持ちの良い演技でした。
ロバさん(ウエスタンMC市川);「クッキング&タオルのおしゃべりマジック」
両方とも実に楽しい演技でした。この人の所属するクラブとは関係が深く、7年半前に会長であった故持永氏のご好意で例会に参加させて頂いた時は未だ会におられなかった方。マジックは高度な技よりも、エンターテインメント性が大切であることを再認識しました。

K-sato さん(慶応大) ; 「CD 」
CDは好みではありませんが、学生ならではの外連味のない溌剌とした演技は好感。
山本洋史さん(大阪大OB) ; 「カードマニピュレーション」
“素晴らしい”の一言に尽きる演技で、これを観られただけでCROSSROADに脚を運んだ甲斐がありました。ショー後のオフ会で阪大OBのFさんが、愛情の篭った厳しい批評をされていましたが、より高いレベルを目指し、FISMに再チャレンジされることを期待します。

なお、今回からCROSSROADを運営する「ふしぎスキ実行委員会」の代表が、浅井精治氏から若い倉持賢一氏に引き継がれたとのこと。学生と社会人のコラボと言う難しい条件を、融和させ、更に魅力のあるステージを構築されて行くことを期待したいと思います。
c0049409_22305261.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2013-08-20 22:41 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

自分自身のマジック映像から

先週のTAMCの第1例会で、5月末に開催された『第10回サロンマジック発表会』のDVDが会員に頒布され、私が出演した室のDVD映像を入手しました。久しぶりにマジックを演じる自分の映像を見ましたが、自分自身で考えているイメージとかなり異なる感じがしました。その中のポイントを2つ挙げますと・・・

① 一つ目は、自分では演技にメリハリを付けようと、“クイック” と“スロー” の箇所を意識し、且つ見せ場で“間” を取るようにしているつもりなのに、全体的に同じペースで演じている点です。練習に映像を取入れることの必要性を感じました。

② 二つ目は、練習の時に演技の半分は鏡を見て行なっていますが、その鏡の中で演じている自分と、DVD映像の中の自分とは同じ人物に思えないのです。それは、鏡というのは本人と“対象”に映るためと気付きました。鏡は本人そのものではないのです。

話が少々逸れますが、昼の散歩コース内にあるダイソーで本を買いました。この本の中に宮本武蔵の五輪書から引用した下記の文章が載っていました。
 『千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。』
解説には「何事も千日(約3年間)練習すると一生の技術として身につき、努力を更に続けて万日(約30年間)練習すれば、そのレベルは千日に比べて格段に優れたものに~」と平易に書かれていました。この武蔵の兵法語録はマジックに通じるように思います。

c0049409_9555439.jpgc0049409_107536.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-08-06 09:57 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)