<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『第55回テンヨー・マジックフェスティバル-不思議の国の住人たち』より

9月22日(日)、三越劇場へ「第55回テンヨーマジックフェスティバル」を観に行きました。昨年と一昨年は観ていないので、直近のショーとの比較は出来ませんが、旬のプロマジシャン、プロを目指す若手マジシャン、学生マジシャン、司会のたかお晃市さんを含めると~10名(組)が出演し、演者は以前よりも若返った感じでした。その中で、印象に残った演技と、観ていて気になった演技を、それぞれ二つ取り上げることに致します。

≪終演後も・・心地良い余韻を残したトップとラストの演技≫
・トップ演者のAsamiさんの和傘~白と黒が基調のシックな衣装が、全身の美しさと出現する傘の色合いを引き立てていて、細かな動作に気配りを感じる素晴らしい演技でした。後半に地元の“五木の子守唄”のBGMで、小傘を使った箇所は特に印象に残りました。

・ラスト演者のYu ho jinさん(韓国)のカード~昨年のブラックプールFISM大会でグランプリを受賞した時とほぼ同じアクトを演じてくれました。立ち姿の凛々しさと、厭らしくならないギリギリの手の動きから繰り出されるカラフルなカードの妙技は見応えがありました。

≪14列で観ていて・・演じているアクトが若干分かり難かった演技≫
・慶応の女子学生さんの二人リング~早稲田のゾンビボールは女子学生さんらしい小道具と演出で楽しめましたが、リングの方は舞台が暗く、表現している内容が分かりづらかった感がありました。癒し系の良い雰囲気を醸していたので、そこが惜しまれます。

・都々さんのクロースアップマジック~カードとコインの演技。言葉の切れは抜群で、プロに相応しい技量であることは雰囲気で感じ取れましたが、アクトを直接観られない観客への配慮の映像が、映す位置が飛び過ぎて、不思議さがイマイチ解らず、残念でした。

ショーの中間の休憩時間に、楽屋口でAsamiさんと彼女の先生の島田晴夫師のツーショットを撮らせて頂きました。そしてAsamiさんから促され、その脇にいしけんが入った写真も撮らせて頂きました。それは私個人のお宝として、門外不出(?)ということに~040.gif

c0049409_2115531.jpgc0049409_2116431.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-09-27 21:28 | マジック ニュース | Comments(0)

「ネタ」 と 「タネ」(藤沢周平氏の作品より)

このところ藤沢周平の文庫本を散歩の時に小バックに入れて出掛けています。「蝉しぐれ」のような長編ではなく、散歩の途中の休憩時に30分程で読み切れる短編集を選んでいるので、1日に1作、1週間で約1冊、3ヶ月経つので早10冊を読み終えました。日頃の読書は古典中心なのですが、武士の切ない運命的な敵討ちや商人の人情話に思わず涙腺が緩む藤沢周平さんの作品も、それなりに面白いです。

先日、その文庫本の一つ『霜の朝』の中の「密告」という作品を読んでいて、ちょっと引っかかる言葉がありました。それは~「(岡っ引きの手下の)磯六がやっていた仕事はお前も知っている通りだ。そして俺の親父が、助六の持ってくるネタを買っていた」(新潮文庫P139)~のセリフ文にあった“ネタ”と言う単語です。

ネタはタネ(種)の倒置語ですが、この言葉が江戸期に使われていたのか疑問に思いました。そこでGoogleで調べてみましたら、江戸で「鮨のネタ」と言う表現は使われていたことが分かりました。多分そこから、事件のネタ、マジックのネタ、等の使い方へ時代を追って発展したのではないかと思われます。ですから、この言葉を江戸の岡っ引きが使っていたかは疑問ですが、これ以上の詮索は止めておきましょう。

何故こんな事に拘るかと言いますと、ネタという言葉が好きではないからです。特にマジック・手品関係で使われる〝ネタ”という表現には嫌悪感すら覚えます。柴田直光氏の名著『奇術種あかし』のように、マジックではタネ(種)を使って欲しいと思っています。これは・・最近の無い道具に拘るシニア世代のアマチュアマジシャンの独り言ですけれど・・。

c0049409_2104268.jpg
「ねた」を手元の広辞苑で調べてみました。

 「たね(種)」を逆さ読みした隠語。
  ① 新聞記事などの材料。 (―を探す)
  ② 犯罪の証拠。 (―があがる)
  ③ 道具。特に手品などの仕掛け。
  ④ 料理などの材料。 (鮨の―)
[PR]
by ishiken55 | 2013-09-12 21:09 | 文芸 エッセイ | Comments(0)

「素ボール レクチャー」・・・≪その2≫

「素ボール レクチャー」・・・≪その1≫を記載してから3年近い月日が経ってしまいました。当初は5回ほどのシリーズで書く予定でしたが、一身上の都合により継続が出来ず仕舞。期待された方(いないかも知れませんが?)には、大変申し訳なく思っております。遅れ馳せながらも今回≪その2≫を掲載いたします。
<現象>
右手の親指と人差指と中指で挟んだ2個のボールを、体の右腰に打ち付けると、ボールが1つになり、体を貫通して、左腰の所からボールが1つ現れる。
(「四つ玉」ではポピュラーな表現ですが、S玉なしで行うところがファンシー)
<準備>
右手の親指・人差指・中指間にボール2個を挟み、左手にボール1個をパーム。
<動作>
① 右手の表をさりげなく客に示し、掌を返して右腰に軽く当てる。[写真 左・中]

② 右手を腰に打ち付ける動作する。この時、親指と人差指間のボールをパームし、人差指と中指間のボールは親指と人差指間に移動させる。こうすることによって、2個のボールが1個に減じたように見える。動作のコツは、右手を打ち付ける前に右手を腰から一瞬離し、その反動を利用してパームを行うとクイックでパームを完了できる。

③ 左腰に当てていた左手から、パームをしていたボールを親指と人差指間に素早く移し、ボールを出現させる。[写真 右]

c0049409_1957590.jpgc0049409_20273762.jpgc0049409_2021254.jpgc0049409_20342132.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2013-09-03 20:35 | ボールレクチャー | Comments(0)