<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

映画「青天の霹靂」を観る

5月末に封切られた劇団ひとりさんの監督作品『青天の霹靂』を観ました。手品師が主人公とのことで、九割方そこに興味をそそられての鑑賞でした。劇団ひとりさんはマジックが相当お好きなようで、主演の大泉洋さんと共に、劇中のマジック演技はなかなかのモノでした。スクリーンにタイムスリップを取り入れて、意表を突く話の転回も面白かったです。40年前~昭和48年頃の浅草は自分に取っても思い出があり、懐かしさが込み上げて来ました。

その頃、サークル仲間だった友人のI.T さんと数年を経て再会し、知人の漫談家M.H 氏のステージを松竹演芸場に度々観に行きました。お互い美しい姉妹に振られた・・と云うより、土俵に上がることさえ出来なかったのに、最後は居も知れない姉妹の話で夜が耽るまで腰を据えて飲みました。この映画を観ていて、ストーリーは違えど“青天の霹靂”は40年後に突然やってくることに、自らの人生と重ね合わせ、納得しきりのマジシャン・いしけんでした。

この映画を観たのはイオンモールつくば内にある「シネマックス」。2年前にオープンし、今流行りの小シネマが集合した映画館です。落ち着いた雰囲気で、百六十ある座席もゆったり。シニア料金は、一般が千八百円なのに千円ポッキリで何とも有難い処遇。ウィークデーの午後四時半から観ましたが、観客は私の他は二十代の女性が3人でした。マジックに絡んでいる方は観るでしょうが、観客のターゲットが何処にあるのか少々気になった帰り道…。

c0049409_1661161.jpgc0049409_16123252.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-06-22 16:18 | マジック エッセイ | Comments(2)

TAMC Regular Meeting in June.

先週の木曜日にTAMCの例会があり3ヶ月振りに出席しました。7月末に行われる夏合宿で「カップ&ボール」の講習を行うよう云われており、例会でその内容を、実演を含め説明をしました。何しろ6年ぶりにカップを持つので、ボールを消す手が微かに震えているのが自分でも分かりました。6年前の「クロースアップマジック発表会」の時の様に、小ボールを落とさなかったのがせめてもの救いでした。

例会が終わってからは、2次会は品の良いカフェ組の方ではなく、アル中(予備軍)組の方に参加しました。4人掛け×4テーブルの一つに座ったら、皆自分よりも若く且つ入会年次が後の人達。ですから今回初めて私の「カップ&ボール」を見た訳で、あの悲惨な6年前の私の姿は見ておりません。例会の出席者も、入会7年目の自分がほぼ真ん中ぐらいで、メンバーが輪廻転生しているのを感じます。

講習会のテーマは三択。「あれって3つのボールを使うのが特徴なのですね。講習に参加させて頂きます。」と一人が云われ~一票獲得(?)。隣のテーブルに座っておられた私が尊敬するKさんが、「“ボールは3つだけ使います”と云いながら、オプションの手順では、倍の数を使っているのは狡くないですか?」と指摘。「“タネなしマジック”のこれは唯一の例外です。」と云えず・・・口をモグモグ。

今回の例会で、Kさんが「楽しい図形パズル」の新作を披露してくださり、その図のコピーを出席者全員が頂戴しました。自筆で書かれた美女が、分割された上段の位置をずらす毎に、次々と姿を消してしまう~と云う粋なストーリーで構成された素晴らしい作品です。未発表作品につき、ここに掲載することは出来ませんが、某マジックサイトの“迷路”に、何れ掲載させることと思います。
c0049409_13475883.jpg※「カップ&ボール」の講習をさせて頂く手順は、8年半前このおうちで掲載した 「カップと玉」の一幕
[PR]
by ishiken55 | 2014-06-11 13:54 | マジック エッセイ | Comments(0)

MOMは~vol.31からvol.95へ一足飛び

5月27日(水)に・・日本奇術協会主催のMOM(マジック オブ マジックを南大塚ホールに観に行きました。今回のMOMはvol.95、前回観たのは6年前の大久保会館公演でvol.31。その時のロビーや会場内の印象として、何か暗~いイメージが残っています。でも、今回は会場が変わったせいもあって、受付をされている協会員の方達の雰囲気がとても良く、特に積極的な対応をされていたTSUKASAさんからはお客を和ませるオーラが出ていました。

今回の出演者は・・前半がAKIRAさん、キャラメルマシーンさん、ヒラクさん、プチレディーさん、松旭斎すみえ師匠、後半が沙神妃椰さん、大トリが中島弘幸さんでした。バランスの取れたメンバーで、それぞれ特質を生かした演技を披露され、バラエティーに富んだ見応えのあるマジックショーでした。全てプロの演者で、リーズナブルとは言え一応有料のショーにつき、演者の方々のアクトについて忌憚のない印象等を簡潔に書かせて頂こうと思います。
AKIRA さん
ハイレベルなカードの演技。線が細い感じですが、技が素晴らしく今後に期待。
キャラメルマシーンのお二人
テンヨー大会と笑点でも拝見。お笑い系演者として客の心を惹き付け大成の相あり。
ヒラク さん
ヨーヨーの妙技。(マジック以外はコメントを控えます。)
プチ☆レディーのお二人
ピチピチギャルの女性コンビはシニア世代には見て楽しい。今が旬の売れ時・稼ぎ時。
松旭斎すみえさん
十代の頃から拝見する師匠、小舞台で共演?させて頂いた事も~。間の話は至芸。
沙神妃椰(さがみひな)さん
リング・シルク・鳩・等を確りしたスピィーディな演技で好印象。読める芸名を希望。
中島弘幸さん(嘗てのトランプマン2号)
3本リング・コミカルなワインのボトル・花咲く鉢~ダンディな姿で気品溢れる大人の演技。

c0049409_22135216.jpgc0049409_2212429.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-06-02 22:18 | マジック ニュース | Comments(0)