<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

関東大学奇術連盟の『秋連』 と 2014年の『記事3選』

一昨日(12/28)は、関東大学奇術連盟主催の『秋連』を観に行きました。開場の30分以上前に豊島公会堂に到着しましたが、寒い夕刻にも拘らず、既に会場の前は長蛇の列。会場内では、所属クラブ(TAMC)の方・約十名、出身学生クラブ(KMC)の現役部員・約十名、マジック関連の知人・約十名に出会いましたし、日本奇術協会の渚会長を始め数名のプロマジシャンの姿がありました。

知人の濱谷氏からは50年前の「奇術ノート」の復刻版を中村氏からは千葉大CMCの50周年を記念した「ステージマジック論」の復刻版を其々頂いたり、仁川FISMアジア選考会に出場されたミリオンカードの達人・古川氏にはその折の話を少し伺うことが出来ましたが、奥深い話が期待される終演後のオフ会は、体調のことがあって参加をご辞退しました。これで今年のマジック観賞は見納めです。

さて、今回の秋連の感想ですが、テクニック的には~「ウォンド」 「カード」 「リング」に素晴らしい演技がありました。ただ、肩に力が入り過ぎている演者が多かったように感じます。また、男子の「メリケンハット」や男女ペアの「マスク」に新鮮味を感じました。そして今回の『秋連』で自分が一番癒されたのは、司会を務めた原風子さんの愛おしみのある語り口かと・・。

毎年の〆に書いている「その年の記事選」、今年はこの記事を含め昨年より3つ多い35件ではあるものの、印象に残る題材が少ないのが正直な思いです。そこで今回は3作に絞り、本記事に便乗して書き残すことにしました。

2014年の記事・・<3選>
(4/6) 文庫3題 (マジカル2冊+読み納め1冊)
 この書込みのころに日常生活が一変。そして、一月ほど杖を突いておりました。
(7/24) 半分のカードを使った『めくり札 と めぐり札』
 4年振りに書いたカード作品であり、自分としてもお気に入りのアレンジです。
(11/13) 「はりやまボール」でリラックス!?
 今年一番のお気に入りグッズ。三度も記事にして、現品も十数個購入しました。

c0049409_1872540.jpg
c0049409_1885930.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-12-29 18:12 | マジック ニュース | Comments(0)

「続・素ボールレクチャー」・・・≪パート1≫

今年も残り日が半月を切りました。個人的な生活については・・激動と云っても大袈裟ではない出来事もありましたが、マジックについては順調に活動を行えた一年であったと思います。特に年初から取組んだ素ボールのみの四つ玉は、所属クラブの発表会の幕中で演じる機会を得て、長年の目標が叶いました。2回のみになりますが、その演技に新たに取り入れたアクトを「続・素ボールレクチャー」と題して掲載することにしました。
≪現 象≫
左右の手に持つ2個のボールを体の前で当てると1個となり、左手を検めてから、
右手を引き込むと2個のボールが現れる。
≪準 備≫
左右の手の間隔を広げ、甲を客に向けて親指と人差指に1個ずつボールを持つ。
≪動 作≫
① 左右の手を寄せてボールを当てる動作をすると、ボールが1個になる。
  (この時、左手に持っていたボールを密かに右手の掌に移動しパームする。)
② 左右の指先で持つ1個のボールを、臍の位置から胸の位置に素早く移動。
③ 左手をボールから離し、左方向に掌を開いて何もないことを客に示す。
④ 右手の掌を広げ、左方に伸ばしてから、中央に引戻しボールを2個増加。
  (右手を引戻す時に、パームしたボールを中指で手繰って人差指間に挟む。)
⑤ 左手で右手の人差指と中指の間のボールを取り、手を返して客に示す。

今回初めて動画にトライ・・画像とは異なりリアルなので厳しき9秒也。
演技時のボールは、前々回の記事で紹介した“はりやまボール”を使用。
下の3枚の写真は、④項の動作を演者側から3分割して撮ったものです。



c0049409_1855682.jpgc0049409_18503174.jpgc0049409_1858646.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-12-16 13:48 | ボールレクチャー | Comments(0)

「OFFICE MAGICANA」のオリジナル・トランプ

先日の土曜日(11/29)、松戸市の中部小学校で催された『きょうこちゃんを救おう!!チャリティーフェスタ』に参加しました。きょうこちゃんは拡張型心筋症という難病にかかってしまった11歳の小学生です。国内では手術が受けられないため、米国で手術を行う資金を援助しようと周囲の方々が「きょうこちゃんを救う会」を立ち上げたそうです。この情報は救う会に賛同されたプロマジシャンの中島弘幸氏(元トランプマン2号)から教えて頂きました。

松戸駅に着いたら激しい雨。折りたたみの小さい傘では雨を半分ほどしか遮れず、中部小学校までは10分弱でしたが、濡れ鼠状態でイベント会場の体育館に入りました。丁度・・中島さんが通り掛かったので挨拶をして、その後バザーやワークショップを覗いたりしてから、少額ながらきょうこちゃんの手術が叶い成功することを祈りつつ募金をしました。そして“中島弘幸氏のコーナー”で「OFFICE MAGICANA」仕様のオリジナル・トランプを1つ購入。

舞台上では、女性のダンス・男性二人組のソング・メインイベントの中島弘幸氏のマジック~アンコールを含め30分の品格と優美とユーモアに満ちたステージを堪能させて貰いました。「OFFICE MAGICANA」のカードはUSプレーイング社製だそうで、バックは黒を基調に錯視を取り入れた洒落た意匠。紙質/表面処理も完璧です。なおカッティングに特質があることを発見しましたが、その内容は秘密です。知りたい方は購入されてお確かめください。
c0049409_10563067.jpg

c0049409_1124331.jpgc0049409_11181978.jpgc0049409_11162723.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2014-12-04 11:27 | マジック グッズ | Comments(0)