<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「世田谷マジッククラブ」訪問抄録

7月の初旬「行徳マジッククラブ」にゲスト講師としてお呼び頂きましたが、先週の木曜日(8/20)には「世田谷マジッククラブ」にゲスト講師としてお招き頂きました。当日は天候不順で時折激しい雨、駅への十数分を少しでも濡れないよう小降りになった間に家を出るも~即激雨に変り駅に着くとズボンの折り目が手品の如く完璧に消失しておりました。北千住で千代田線に乗換え、そのまま小田急線に乗り入れ、代々木上原から本厚木行きの4つ目の駅梅ヶ丘で降りました。常磐線から東京を横切るのに便利になったものです。

このクラブは「千葉大学マジックサークル」の創設者である吉田誠さんが、4年ほど前に世田谷区主催のマジック講座の講師をご担当された後に、参加者の希望で地域クラブとして発足したそうです。今回は『リングとロープ』『半分のカード』を講習させて頂きました。2つのレクチャーは1時間半ほどで終了。その後会員の皆さんとの懇談を少しさせて貰ってから、お一人の会員さんのシルクマジックを拝見しました。リズム感が良く表現力も豊かで素敵な演技でした。観賞後に、お年が82歳と聴き~またまたビックリでありました。

会館からの帰路~吉田さんから近くに松陰神社があると云われ~案内して頂きました。ここは毛利藩の所有地だったそうで、松陰が葬られた小塚原回向院から数年後に高杉晋作らの手によりこの地に墓所が移されたそうです。松下村塾の塾生に慕われた松陰、若き魂を祀るに相応しい佇まいの神社でした。一人の若者の国の行き先を思う強い意志が、その後の明治維新へと繋がったことを考えると、何事も“真剣に思いを抱くこと”の大切さを痛感します。そう云えば・・松陰の姓も吉田さんだったことを後になって気付きました。

今回お声を掛けて頂いた吉田誠さんに直にご挨拶をしたのは、2年前の「TAMC発表会」にご来場下さった折りでした。その半年前からSNSで交流をさせて貰ってはおりましたが、それ以前は自分が一方的に存じ上げる方でした。始めてお姿を拝見したのは49年前に吉田誠さんの千葉大と濱谷堅蔵さん率いる武蔵工大の両サークルが、合同で初のマジック発表会を朝日生命ホールで「夢へのいざない」のタイトルで開催され、それを観に行った時の事でした。その方に半世紀後ゲスト講師を依頼され、このところ少し凋んでいた手品魂の気圧が高くなって来た感があります。

≪下文は上記後の行動で蛇足デス≫
当日はTAMCの例会日でもありました。K会長・Z副会長を含む会員の一割以上が世田谷の住人で、そのハイソな地にクラブ゙唯一の茨城県民が訪問したことに、少々高揚した気持ちがあったのか?「二次会+α 」まで参加。気が付けば~23時超過で急いで退散。上野で土浦行き最終便の1分前に運良く乗車。ハッと気が付き~慌てて下車すると自駅の二つ手前。駅前タクシーは1台のみ。運転手に行き先を告げると「お客さん、早く降りてしまいましたね~」とニコニコ顔。野口さん3枚でしたが、正規ルートより早く別宅に到着。反省もそこそこに~深い眠りに落ちました。

c0049409_18564148.jpgc0049409_18504153.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-08-25 18:59 | マジック ニュース | Trackback | Comments(2)

マジック不観症に感染~??

5月の初めに学生さんの「春連」を観に行ってから、もう3ヶ月以上マジックの発表会やショーから遠ざかっています。所属クラブ(東京と地元)の例会、研修会、催し等は、ほぼ皆勤していますし、研究テーマの調査や講習会の解説書などを作成したりして、マジックには深く係わっているのは従来と変わらないのに、何故かマジックを観に行く気力が萎えています。

考えてみると、東京の例会に、先月は個性豊かなスプリット百瀬師と可憐な能勢ゆり江さん、今月は凄技の緒川集人師と美貌の小林恵子さんにご来会頂き、素晴らしいマジシャンに接しているので、それで満足している一面も確かに感じます。そして先月イタリアで開催のFISMに行けなかった(行かなかったと云うべきか)ことが一因となっている気もしています。

今月初旬のクロスロードは、観に行こうと思えば直前でもチケットが手に入ったでしょうし、来月開催のテンヨー大会も、チケットを入手する方法はあるでしょう。~ようは気持の問題なのだと思います。明後日は貴重な経験の場を頂いています。以前「教える事は…教わる以上に、教えられる事なり」との題で記事を書きました。転換の節目になればと思っています。

このところの散歩は図書館経由が多くなっています。酷暑の中の散歩は途中での休憩が欠かせません。ただ、そこで読書をして長居をすると、目的の散歩が儘ならなくなるので、読みたい本が目に付いた時は、本を借りる事にしています。先日は歌川広重の浮世絵本を三冊借りました。東海道五拾三次や江戸百景の独特の遠近法による風景は涼やかで~暑気払いには打ってつけでありました。
c0049409_18402375.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2015-08-18 18:42 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

緒川集人さんのマジックを満喫して思うこと。

今週も真夏日と熱帯夜が続き・・酷暑の中を少しでも摩擦熱の発生を抑えるべく過ごしております。そんな中、火曜日(8/4)の夜は友人のHさんと若いK嬢と私の三名で北千住にてビストロ会食を楽しみました。欧州の料理やワインに満足~満腹で別れるも・・帰りに一駅乗り過ごし、辛うじて上り最終電車に乗り替え、駅を降りて歩き出したら、突然横転し左脇腹を強打すると云う散々な目に逢いました。もう若くは無いことを自覚せねばと、翌日は反省の一日部屋籠りでありました。

一日置いた昨日(8/6)は・・毎月通っている循環器科を訪れた後、マジッククラブ(TAMC)の例会に参加すべく東京に向かいました。そして、今回は先々月会員になられた濱谷氏の計らいで、米国を中心に活躍されている緒川集人さんがゲストで来会されました。任務の関係もあり例会では最前列に座るようにしているため、集人さんの弄られ役をさせて頂いたりもして・・40分程に渡りロープ・カード・コインを中心にした神がかり的マジックを、目の前で拝見することが出来ました。

緒川集人さんと云えば・・20代の頃から、テクニックに関しては、第一線のクロースアップ プロマジシャンとして、押しも押されもせぬ技量をお持ちの方でありました。ただ、当時は技(ワザ)が前面に出ている感がありましたが、昨日生の演技を観させて頂き・・まろやかさが加味されたテクニックは更に高みに進んだ感があり、観客を惹き付け、親しみを覚える話術と共に、実に楽しい演技でありました。今後も世界的なプロマジシャンとして益々活躍をされて行かれるものと思います。

そして自分の昨夜のサプライズは・・小林恵子さんにお会い出来たことです。20数年前、朝のNHKテレビで、美人プロマジシャンとして取上げられていたのが小林恵子さんでした。女性のクロースアップ系プロマジシャンが居なかった当時に、美形で品のある姿は印象的でした。その後、NHK「おしゃれ工房」に出演されたのを見たりしたものの、生の演技を拝見する機会がありませんでした。

二次会に緒川集人さんと小林恵子さんが引き続き参加下さり、割り込もうとする頑強な先輩を何とか阻み、恵子さん用に隣席を確保・・色々話をさせて頂きました。エンジェルのカードの話をしたら、貴重な秘密を教えて貰いました。なお、十年程前に演者としては引退され、現在はマジック教室の講師や集人さん来日時にマネージャーをされているそうです。小林恵子さんには「マジシャン誕生」と云う著書があり、NHK・BSの将棋番組で羽生善治名人とマジックの手法を駆使して対局した経歴があって、将棋界にも造詣が深い事を知り又々ビックリ

c0049409_17385254.jpgc0049409_17361688.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-08-07 17:45 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)