<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第45回東大ステ-ジマジックショー「Enchanters’ Academy」

先週の土曜(9/26)の午後2時半、東大奇術愛好会のマジックショーを観るため、「日本橋公会堂」へ向かいました。常磐線を北千住で降り、地下鉄日比谷線のホームに着いたら、夏に北千住でビストロなどで三度会食をしたH氏に偶然お会いしてビックリ! HさんはつくばTXからの乗換えで、代官山に向かわれるとの事。車内で話をしていたら、いつの間にか当方が降りる人形町~慌てて下車しました。

会場には入場整理券の配布開始4時半の数分前に到着すると、入場口周辺は人の帯が曲がりくねって長蛇の列。整理係に「席が無いかも知れません」と云われ二度目のビックリ!! 入場整理券は40分程でやっと入手出来ましたが、座席は2階の最後列。私の後ろ数人で満席となったようで、その後ショナサンで知人の方達と顔を合わせた時に知りました。折角観に来られたのですから、2階のサイド席20席を使えば全員が入場出来たと思いますが、まぁ~主催者の事情があったのでしょう。

2階の最後列での鑑賞でしたが、上から見下ろす感じは却って新鮮、大きなホールではないので、遠過ぎて見づらい思いもありませんでした。全体のショーの印象を一言で云えば~たいへん素晴らしいマジックショーでした。17演目の演者全てが2年生とのことですから、東大の会の発展振りが伺い知れます。そして、ショーが素晴らしかった要素の一つは、観客の鑑賞マナーの良さも含まれています。何れにしろ、現在の学生マジック界のトップを走るのは東大で間違いないでしょう。

17演目の中で、自分的に良く思えた演技を3つ挙げてみます。
パラソル(小口佳穂さん&松浦有希さん)
 見栄えの良い女性が演じ、ラストの大小パラソルの出現は鮮やか。
「クロマク」と題するマジック劇(男性二人+女性一人)
 時間の反転に面白さ。未完成の感はあるも、実験的作品に高評価。
シルク(青山美和子さん)
 白の衣装が大変美しく、白のシルクを多く取入れた所が目を惹く。
(ウォンドを演じた吉原由佳さんも、ベージュの衣装がチャーミング!でした。)

今回の東大演者は女性が多く、且つテレビのアイドルにも負けない美形揃い。以前は強面系やブラック系も居たのに…大きく様変わり。今回のタイトルは「ENCHANTERS’ ACADEMY」でしたが、ENCHANTERSは男性系につき、女性系の ENCHANTRESSにすべきだったのでは~? 終演後は翌日の早朝からの労役が頭にあって、オフ会は失礼して帰路へ。ただ、夕食を摂らねばと、北千住で日高屋に入り、ラーメンの前座に餃子と熱燗2本。格安な日高屋に三度目のビックリ!!!

c0049409_16445029.jpgc0049409_16564647.jpgc0049409_16522710.jpg
c0049409_16534837.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2015-09-30 17:03 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

マジック愛好家への推奨~3サイト

今回は、私~“いしけん”が日頃インターネット上で愛読させて頂いているマジック系サイトの中から、マジック愛好家の方々に特にお薦めの3つのサイトをご紹介することにします。

① 「東京マジック」の奥座敷『マジックラビリンス』
東京マジックはトランプマンこと星野徹義氏が運営するマジックグッズの販売サイトです。そのホームぺージの中に『マジックラビリンス』と云う商品販売とは異次元のコーナーがあり、ここには六名の著名な奇術研究家が、惜しげもなくマジックに関する色々な角度からのオリジナル記事を掲載されています。
執筆者は~坂本圭史氏,松山光伸氏,平川一彦氏,土屋理義氏,古川令氏,氣賀康夫氏
中身は~コレクション、手品史、カード奇術研究、創作奇術、等々…。
正直云いまして、こんな貴重な情報を無料で見られるのは、マジックを趣味にしている者に取り、有明のビックサイトに匹敵する“マジック展示場”と云えましょう。

② 「フレンチドロップ」の桟敷席『石田コラム』
フレンチドロップは関西を代表するマジック販売サイトです。扱っている商品が多彩で、自分もここから手品用具を購入したことがあります。そして、このサイトの中にコラムがあり、奇術研究家の石田隆信氏が14年前の2001年10月に第1回「マジックに適したカードとは」を掲載されてから、現在第71回(2015年8月分)まで書き進まれています。各コラム記事の掘り下げ様は半端ではなく、地球の裏の裏まで達する徹底調査。今年四月に石田氏に始めてお会い出来たので、このコラムのことをお尋ねしたところ、飽く迄趣味として書かれていると話されておりましたが、本格マジシャンには必読のサイトです。

③ 河合勝氏のJapan Magic Museum『日本奇術博物館』
日本の奇術文献蒐集の第一人者-河合勝氏が2014年10月から連載をされているブログです。使われているサービスサイトはこの“おうち”と同じエキサイトなので、より親しみを感じます。Excite blogは写真が綺麗なのが特長で、アップされた文献は見易く、また河合氏が貴重な各掲示文献に解説を記されているので内容の把握も容易です。これを閲覧されると~江戸時代から明治・大正・昭和へと至る間の日本の奇術界が辿って来た街道筋が一目で見渡せます。なお、河合氏は愛知県在住につき、お見掛けするのは稀なのですが、今年の四月に開催された「天海フォーラム」の後の懇談会でお話をさせて頂きました。

サイト名をリンク付け~フィットするとそのサイトに飛行できます。
写真は~左が河合氏から頂いた冊子、右は星野氏の著書の一つです。

c0049409_12272635.jpgc0049409_12332190.jpg
[PR]
by ishiken55 | 2015-09-21 12:38 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

第57回テンヨーマジックフェスティバル「マジシャンズ イン ブラック」へ

昨年のテンヨー大会ではチケット抽選に初めて外れ、それに嫌気がさして今年のテンヨー大会にはチケットの応募をしませんでした。それなのに…1週間前に所属クラブのメンバーから入場券をお分けして頂けるとの告知があり、手を挙げたことで夜の部のチケットを入手しました。やはり心の中に三越劇場のテンヨー大会を観たい思いのエア溜まりがあって、それが大会直前の行為になったのかも知れません。

~と云うことで、昨日(9/6)三越劇場で開催の『第57回テンヨーマジックフェスティバル』を観賞し、4ヶ月間続いたマジック不観症(?)から脱しました。今回のタイトルは「マジシャンズ イン ブラック」。プログラムを始め、ステージ上の演者の衣装は黒を基調にしていて、その中で使われる赤や白のグッズが効果的に浮き立っておりました。ただ、スポットライトに照らされた劇場内間のエアがモクモクとした灰色状に渦巻いていたのは気になりましたけれども…。

プログラムを拝見し、知る人が居なかった(当方の知識の無さによる)ので、開演前の期待は半分程でしたが…池田洋介さんのパフォーマンス、Horret Wu さんのテーブルカード、Lukas さんのボール&カードは、斬新なアイディアと表現力に感動しました。ただ、テーブルマジックをステージで演じることの難しさを感じましたし、やはりテーブルマジックは目の前で見るべきアクトであると再認識した次第です。

思えば…自分が十代~二十代の時のテンヨー大会は無料でした。今回のチケット代は三千円。大人に取っては趣味の世界を楽しむ費用として高くはないでしょう。但し学生がこの金額を出して来場するとは思えません。会場を見回すも学生さんらしき姿は×××。今の時代に無料とは云いませんが、日本のマジック界の活性化のため、テンヨーさんに千円程度でこの伝統の大会を開く事を願うは040.gif~狂気の発想なりや~??
c0049409_17441225.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2015-09-07 17:48 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)