<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『第8回 奇術を語る会』にて

11月20日の月曜日に『第8回 奇術を語る会』が横浜中華街の「翡翠楼」で開催されました。参加メンバーはYMGの会員とTAMCの会員が三名ずつ集まって、中国料理とお酒を友にマジックを語るブライベートな懇親会です。この会の幹事はYMG所属でマジック・ネットワーク・セブン(MN7)の代表をされている中村安夫氏です。今回のメンバーは、前回参加のお一人が体調不良のため少しだけ若い方に替わりましたので、平均年齢が2才程若くなりました。それでも平均年齢は70才越、しかし皆研究心も好奇心も旺盛な奇術研究家の面々なのです。

この会の中心メンバーは、奇術界の重鎮のお一人氣賀康夫氏。今回も『蘇武牧羊』の新グッズやこの作品をアルファベット化したアイディア等々を披露してくださいました。中村氏はご専門の特許絡みの情報や全国のマジッククラブの出版物の調査について語って頂きました。そして都営の某公園で大道芸を数年経験されたKさん(名門の家柄につきイニシャル表示)からは、その経験談を語って頂きました。当方は所属クラブ内で進めている研究書がありますが、未だ公表出来る段階にはないため、今回は紹興酒を口に運びつつ…情報をお聴きするに終始しました。

今回の“奇術を語る会”で、氣賀氏から、16年前のTAMC試演大会の「おみやげマジック」を頂戴しまいた。私がTAMCに入会したのは十年前ですから、このマジックグッズは見たことがありませんでした。作品名は『十二支当て』考案・デザイン・解説…は氣賀康夫氏です。品位があってこんな素晴らしいおみやげマジックが過去に存在していたことに驚きました。毎回宴席の終わりに記念写真を撮っています。この“おうち”開設以来、自分(いしけん)の顔を伏せて来たのですが、古希前年の今年それが崩れつつあり、今回の写真を小アップ~。
c0049409_16565494.jpg
c0049409_17162180.jpg
c0049409_17061757.jpg
c0049409_17085708.jpg
c0049409_17164183.jpg
c0049409_17184112.jpg


[PR]
by ishiken55 | 2017-11-26 17:20 | マジック エッセイ | Trackback | Comments(0)

松戸奇術会主催「第54回マジックフェスティバル」を観て…

先の日曜日(11/5)は松戸奇術会主催の「第54回マジックフェスティバル」を観に松戸市民会館へ行きました。前回観たのは7年前の第47回の発表会で、その後この時期は自分が所属するマジッククラブの発表会と前後するため観に行けませんでした。今年TAMCは秋の発表会が無いので、今年の松戸奇術会は是非観させて貰おうと前々から思っておりました。そして松戸まで見に行った甲斐があって、見応えのあるマジックを存分に楽しむ事が出来ました。

女性の出演者で,こころに残った演技は…
・第一部の市川サン(四角錐の品が印象的)・種市サン(黒と黄の配色が色気を誘う)
・第二部のMikky サン(赤い薔薇がお似合)・国府田サン(輝く大ネックレスが続々)
 皆さんシックな装いで、にこやかな良い表情! 国府田サンのBGM処方に大感服!

男性の出演者で,こころに残った演技は…
・若手の鈴木氏(ジャンボコインが印象的)・衣装と道具の散財振りが見事岩橋氏
・以前観た演技から一皮剥けた感があったトリの菊池氏「どうぶつ園」の演技も!

古い話で恐縮です…私が初めて社会人クラブの発表会を観たのが松戸奇術会。それは49年前の7月14日、今回と同じ会場での「第6回 奇術試演大会」でした。北千住に住む二つ後輩のW君が、「田舎ですが、これ行きませんか?」と言って案内状をくれました。その日は渋谷の児童館へ人形劇サークルの募集説明会に行った後、山手線から常磐線に乗換え、「遠いなぁ~」と思いつつ松戸へと向かったのでした。
(当時の常磐線は綾瀬・亀有・金町にも停車)

二十歳の誕生日の前日だったこともありますが、この日の事が後の自分の人生に大きな影響を齎すことになったので、鮮明に記憶が残っています。そして、「遠いなぁ」などと思ったのが災い(?)したのか、自分はその後松戸から遥かに北の常磐沿線に住むことになり、何か因縁を感じてしまいます。49年前の第6回大会のパンフレットと今回のプログラムの両方にお名前がある方は、会長の岩田均氏と司会を務めた渡辺浩二氏のお二人でありました。

※写真は案内状とプログラム、そしてホール内緞帳のほんの一部です。
 全体に壮大な物語が描かれているようでして、素晴らしい絵柄です。

c0049409_17472383.jpg
c0049409_17505477.jpg
c0049409_17433840.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2017-11-09 17:57 | マジック ニュース | Trackback | Comments(0)

母校…とは云っても部活だけの母校マジックへ

母校の文化祭が土日(10/28,29)にあり、日曜は所用で行けないので先日の土曜に行って来ました。目的は後輩達(と云っても孫のような世代ですが)のマジックを観ることのみ。それでも二つのマジックショーの合間に他の展示室を見学、その中では医療福祉の部屋で車椅子に乗らせて貰ったのが一番の収穫でした。そして、校名も・学科も・場所も・学生数も・入学/進学のシステムも~全て変わってしまいましたが、半世紀以上に渡って「奇術部」が存在し続けているのが一番の“マジック”なのです。

今回も七階の合同講義室を使った「サロンマジック」と、二階の汐黎ホールを使った「ステージマジック」を観ました。また、毎年1月か2月に開催している発表会が今年は無く、「どうしたのかなぁ~」と思っていたのですが、インフルエンザの影響で中止したとの事。現在の部員は昨年より若干減って18名ながら、元気に活動しているのが確認出来て、安心しました。c0049409_13472746.jpg

<サロンマジックは6演技>
・ボールとウォンドを同色で組合せた演技(2年男子)
・シルクとボールとカードを組合せた演技(4年女子)
 に見所がありました。

<ステージマジックは5演技>
・こちらは、トリの演技以外は 〇印 を付けられず残念。
最後の「和妻」はゲスト出演とMCが云ったので、終演後ご本人にお聴きしたら、東大奇術愛好会の学生さんとのこと。開演前に楽屋で演技の確認をしていたのを見て、「このクラブも遂に和妻をやるようになったか~!」との感動は、小一時間も経たずに儚く砕け‥散りっ‥散り‥。
c0049409_13385984.jpg
c0049409_13392997.jpg
c0049409_13413911.jpg
c0049409_13432072.jpg

[PR]
by ishiken55 | 2017-11-03 13:49 | マジック ニュース | Trackback | Comments(1)